PR

年末年始のふるさと納税は注意が必要 いつまで申し込みはできるの答えは11月中がベスト

年末年始 いつまでできるふるさと納税 11月中がベスト ふるさと納税とは
この記事は約3分で読めます。

年の瀬が近づく中、ふるさと納税を考える方々への重要な注意点があります。12月31日までに行った寄付が本年度のふるさと納税として認識される一方で、自治体によっては入金のタイミングが寄附金受領証明書の発行に影響を与えることがあります。

さらに、ワンストップ納税を適用するには1月10日までに自治体へ寄付の申請書を送付する必要があります。この申請書が到着するまでには時間がかかるため、年末の混雑を考慮すると、手続きに余裕をもたせることが重要です。

ワンストップ納税適用のためには?

確定申告が不要になるためにはワンスストップ納税の申請書が自治体へ1月10日までに到着しなければなりません。

当然郵便局や自治体も祝日、休日、そして年賀状の配達などで忙しいでしょう。

年末ギリギリになれば10日に到着が間に合わないケースもでてきます。

仮に遅れた場合はすでに間に合っている分も含めて確定申告を行う必要があるので要注意です。

年内のふるさと納税として扱われるためにはいつまでに寄付する必要があるのでしょうか?

これは私が行ったふるさと納税の一例なので参考にしてください。 

岡山県備前市のケースで確認

岡山県備前市のふるさと納税では、クレジットカードでの決済の場合、入金が確認された後に寄付金受領証明書が発行され、特典が発送されます。手続きが12月16日以降になると、入金が翌年にずれ込む可能性が高まります。このような場合、ふるさと納税は来年度分として計上されます。

クレジットカードで決済を行いましたが届いたメールには以下のように記載がありました。

この度は、備前市ふるさと納税寄附金をいただき
誠にありがとうございます。

お申込の完了を確認いたしましたので、
お知らせさせていただきます。

寄附金受領証明書の発行ならびにご選択特典の発注は
実際に当市にご入金があったのちとなりますので、
今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

ご入金時期目安
1日から15日に手続きされた方 月末
16日から月末に手続きされた方 翌月15日頃

つまり12月16日を過ぎて申し込んだ場合は1月15日頃の入金となります。

この場合ふるさと納税は来年度分として扱われることになるでしょう。

ワンストップ納税の書類を岡山県備前市へ送付するにあたり余裕をもって行いたいなら11月中に今年度のふるさと納税は済ませるのがベストということになります。

自治体によっても入金確認方法が違うことや支払い方法によっても異なるのでこの時期に寄付を行う場合は自治体へ問い合わせるかそれぞれの自治体のページで詳細を確認することをお勧めします。

スムーズな手続きのためには11月中の手続きがベスト

自治体ごとに入金確認方法や手続きの詳細が異なるため、寄付を考えている方は自治体に問い合わせるか、公式ページで詳細を確認することが必要です。煩雑な手続きや混雑した時期を避け、確実にふるさと納税を完了させるためにも、11月中に手続きを進めることが理想的です。

地域社会への支援に繋がる温かな寄付

ふるさと納税は地域社会への支援となります。計画的でスムーズな手続きが、地域社会にとって大きな助けとなります。ぜひ、11月中にふるさと納税の手続きを進め、温かな支援を地域に贈りましょう。

いずれにしても本年度のふるさと納税の申し込みを終わらせるタイミングは11月中がベストということになります。