PR

ふるさと納税でおすすめの「オーディオテクニカ」ワイヤレスレコードプレイヤーの還元率をチェック!

この記事は約7分で読めます。

ふるさと納税の魅力と音楽愛好者にとっての夢の組み合わせ、それが「オーディオテクニカのAT-LP3XBT Bluetoothレコードプレイヤーとスピーカー」です。

音楽は私たちの生活に魔法をかけ、心を豊かにします。そして、レコードプレイヤーの温かみある音質とBluetooth技術の便利さを組み合わせたこのセットは、まさに音楽愛好者のための究極のアクセサリーです。

本記事では、ふるさと納税を通じてこの素晴らしい組み合わせを手に入れる方法や、還元率について詳しくご紹介します。さあ、音楽の新しい次元を探索しましょう。

レコードプレイヤーの世界

音楽愛好者やオーディオファイルの間で、レコードプレイヤーは再び注目を浴びています。

デジタルで提供される音楽が音質なども高いのは確かですが、レコードプレイヤーはアナログならではの特有の魅力を持っていて音楽体験を格別なものにしてくれるからです。

レコードプレイヤーの人気と魅力

アナログ音楽再生の愛好家にとって、レコードプレイヤーは単なる音楽再生装置ではありません。

それは音楽の魔法を体験する窓であり、アーティストの情熱が刻まれた輝かしいレコードを通じて、音楽の奥深さに触れる手段です。

レコードの暖かな音質やクリアなディテール、ジャケットアートワークの美しさなど、多くの要素がレコードプレイヤーの魅力と人気に貢献しています。

オーディオテクニカとは?

オーディオテクニカは、2022年に創業60周年を迎えた、音響機器の分野で高い評価を受けるメーカーで音響機器の分野で世界的に知られており高品質なオーディオ製品を提供しています。

革新的な製品の開発も続けられており、軟骨伝導ヘッドホンやビームフォーミング技術を採用したマイクロホンなど、音響技術の進化に貢献しています。

オーディオテクニカのレコードプレイヤー返礼品

オーディオテクニカ ワイヤレスターンテーブルAT-LP3XBT BK
オーディオテクニカ ワイヤレスターンテーブルAT-LP3XBT BK
寄付金額:110,000円
還元率:34%
自治体:東京都町田市
掲載ページ

楽天ふるさと納税公式

音楽愛好者にとって、レコードの温かい音質やクリアなディテールは何世代にもわたり愛されてきました。

そして、オーディオテクニカのAT-LP3XBTは、その伝統的なアナログ技術をベースにしながら、Bluetoothのワイヤレステクノロジーを巧みに組み合わせた、ワイヤレスターンテーブルの最高峰です。

AT-LP3XBTの特徴

  • 高品質aptX™ Adaptive Audioコーデックに対応
    周囲の電波環境や音楽データの転送状況に応じてビットレートをリアルタイムで調整し、高音質な接続を実現します。
  • AT-VM95Cカートリッジの付属
    オーディオテクニカの評価の高いVM95シリーズと互換性があり、カートリッジの交換が容易です。
  • 外部電源方式
    AC/DC変換を筐体外で行うことで回路のノイズを低減し、高品質な音質を実現します。
  • ベルトドライブ方式のフルオート再生ターンテーブル
    スタートボタンを押すだけでレコードを再生し、ストップボタンで安全に停止します。
  • 油圧式アームリフター付きのストレート型トーンアーム
    油圧式アームリフターにより、レコード針を正確かつ安全に操作できます。

AT-LP3XBTは、アナログの魅力を維持しながら、ワイヤレスの便益を追求する音楽愛好者にとって理想的な選択肢です。

ワイヤレススピーカーやヘッドホンを使って、どこでも気軽にレコードの音楽を楽しむことができます。

また、有線接続も簡単にセットアップできるため、オーディオ体験をカスタマイズしたい方にもおすすめです。AT-LP3XBTは、伝統的なアナログと最新のテクノロジーの融合として、音楽の新たな次元への扉を開けます。

ワイヤレスターンテーブルAT-LP3XBTの還元率

メーカー公式サイトの販売価格をもとに還元率を計算したところ34%と高い還元率でした。

家電量販店などでは割引してセール販売されていることもあるので還元率は参考までとしてください。

ふるさと納税の還元率とは?わかりやすく説明します

ふるさと納税を紹介するサイトでよく出てくる「還元率」というワードがあります。

ふるさと納税と還元率との関係がよくわからないという方のためにわかりやすく説明します。

ふるさと納税の還元率が気になる方は多いと思いますが、「返礼品は寄付額の30%」と規制が入っているためあくまでも目安として捉えたほうがよいということが前提としてあります。

還元率は、寄付金額に対して返礼品の市場価値の割合を算出したもので還元率が高ければ高いほどお得とされています。

ふるさと納税の返礼品は、2019年6月に法改正された法律で「総務省が認定した自治体のみ対象」「寄付金額の3割以下まで」「返礼品は地場産品であること」と決まっています。

実は法改正が行われるまで各自治体で利用者の取得競争が激化した結果として高額なギフト券や豪華な返礼品を用意していて問題となっていました。

現在は上記の法律からおおよそ30%の還元率が上限となっています。

このサイトでは以下のようにして還元率を出しています。

還元率とは
返礼品がどれぐらいの価値があるか、お得であるかを計る基準になります。

現在は上限30%という規定があるので、市場価格から30%を超えているものを高還元率としています。

還元率の%が高いほど高還元率と言えます。
参考サイト
「メーカー公式ストア」の販売価格、「楽天市場最安値」、「価格.comの最安値」
送料と税金
最安値であっても送料が別途かかる場合は送料込みを市場価格としています。また税抜き表示の場合は税込みを市場価格としています。ふるさと納税は送料は無料、税金はかかりません。
計算方法
市場価格 ÷ 寄付金額 = %

参考となる商品がない場合などは還元率は表示していないことや還元率ランキングには加えていませんのでご注意ください。

また電化製品や家電は家電量販店での販売価格が流動的なので還元率は参考までとしていただきたいことや一部返礼品については公式ストアの価格よりも家電量販店の販売価格のほうが安いケースがあり還元率が高く見えることなどもあらかじめお伝えします。

ふるさと納税は高還元率を重視するだけではなく自治体の努力や想いに共感して選んでいくのが本来の制度の趣旨ですので還元率は参考までにご確認ください。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は自分の好きな自治体に寄付ができてさらに返礼品を受け取れる制度です。

好きな自治体を選んで寄付できる制度で、過疎などにより税収が減少している地域と都市部との地域間格差を是正することを目的として作られました。

ふるさと納税では、寄付金控除という制度を活用しています。所得税では寄付金分の所得控除が、住民税では税額控除が適用されます。特に、軽減効果がより大きいのは住民税の税額控除です。

ふるさと納税は税額控除の額が大きく、自治体から返礼品を受け取ることができるため、非常にメリットの大きい制度といえます。

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、本来は住んでいる自治体に納めるはずの税金を、任意の自治体に寄付することで、住民税や所得税が控除される仕組みです。

控除を受けられる上限は納税額によっても異なりますが、控除される金額は寄付金から2,000円を引いた金額と決められています。

控除の上限額については、「ふるさと納税限度額早見表 自分の限度額を正しく知ろう」の記事でも詳しく説明しています。

ふるさと納税のメリット

ふるさと納税の利用者が増加している理由は返礼品を受け取れることと所得税および住民税が控除されるというメリットとによるものです。

返礼品が受け取れる

各自治体では、寄付のお礼として、寄付金額の3割以内に相当する返礼品を用意していることが多く寄付金額の一部が返礼品として戻ってくるため実質的な寄付額が軽減されます。

所得税および住民税が控除される

また、ふるさと納税を利用すると、寄付金額から2,000円を超えた部分に対し、所得税および住民税が控除されます。

実質2,000円の自己負担額で返礼品を受け取れるというメリットがあります。

ふるさと納税の手順

ふるさと納税を利用する手順は以下の5つです。

  1. 控除上限額を確認する
    自身の控除上限額を調べます。
  2. 寄付したい自治体や返礼品を選ぶ
    寄付先の自治体や返礼品を選択します。
  3. 寄付の手続きを行う
    自治体のホームページやふるさと納税を取扱うサイトで申し込み手続きを行います。
  4. 返礼品や寄付受領証明書を受け取る
    返礼品が届くまで待ちます。寄付金受領証明書は確定申告時に必要です。
  5. 税額控除の手続きをする
    必要に応じて確定申告を行います。

ふるさと納税の注意点

ふるさと納税を利用する際に注意すべき点は以下の2つです。

  1. ふるさと納税は税金の控除であること
    ふるさと納税は税金の控除を受ける制度であり、現金が戻ってくるわけではありません。確定申告を行った場合には所得税が還付されることもありますが、その際にはワンストップ特例制度を利用できません。
  2. 手元の資金に余裕があるときに行う
    ふるさと納税は手元の資金を一時的に減少させるため、余裕のあるときに行うことが重要です。自己負担2,000円は支出として考慮する必要があります。
タイトルとURLをコピーしました