PR

ふるさと納税で国産ウイスキーの父竹鶴氏のニッカを手に入れよう!

この記事は約15分で読めます。

ANAのふるさと納税 マイルが貯まる

日本の風土が息づく、ふるさと。そこには豊かな自然と伝統が織りなす美しい風景が広がります。そして、そのふるさとが生み出す逸品を手に入れるチャンスが今、訪れています。日本が世界に誇るウイスキーメーカー、ニッカ蒸溜所の創業者である竹鶴政孝氏。その名は、ウイスキー愛好者たちの心を捉え、口福を味わわせてくれる魔法のような存在です。

ふるさと納税を通じて、竹鶴氏が手がけるニッカのウイスキーを手に入れることができるなんて、まるで夢のような話ではありませんか?贅沢な一杯の背後に流れる物語、その製法に秘められた工夫、そして日本の美しい風景が詰まった、まさに究極の贈り物。今回は、ふるさと納税を通じて、あなたもその特別なひとときを手に入れ、竹鶴氏のニッカの世界へと誘います。ウイスキー愛好者の心躍るひとときが、ふるさとの温かさと共に、あなたを待っています。

ふるさと納税ニッカウイスキー

ニッカウヰスキー返礼品一覧
ニッカウヰスキー返礼品一覧
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

日本の美しい風土が生んだ、至極の贅沢。それが「ふるさと納税ニッカウイスキー」です。あなたが想像する以上の特別な体験が、この一瓶に凝縮されています。ふるさと納税は、地域社会への支援を通じて、自分のふるさとに感謝の気持ちを贈る素晴らしい仕組み。そして、その中でも注目を集めるのが、世界的な評価を誇る日本のウイスキー醸造メーカー、ニッカ蒸溜所が提供するウイスキーです。

ニッカウイスキーは、まさに日本の洗練された美意識が込められた逸品。その歴史をたどれば、ウイスキーの魔法を生み出すマスターブレンダー、竹鶴政孝氏の情熱と技術が際立っています。ここでは、ふるさと納税で手に入るこのニッカウイスキーに焦点を当て、その魅力を余すことなく紐解いていきましょう。

そして、最新の動向として「フロムザバレル」が注目を集めています。これまでにないフレッシュなアプローチが施された、まさに新たなウイスキーの可能性を感じさせる逸品です。どんな風味が楽しめるのか、どのようなエッセンスが凝縮されているのか。さあ、一杯の中に広がる冒険が待っています。ふるさと納税という贈り物を通じて、あなたもその魅力に触れ、心温まるひとときを楽しんでみてください。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税は、日本の地域社会に寄付を行い、その対価として地域特産品やサービスを受け取る仕組みです。この制度は、地域振興や地域社会への支援を促進することを目的としています。寄付を通じて、支援したい地域の成長に貢献し、同時に自分自身にも素敵な特産品や体験を得ることができます。

ふるさと納税のメリット

地域社会への支援: ふるさと納税は、あなたの寄付が地域社会や地域振興に直接的に活用される仕組みです。地域の発展や持続可能な社会づくりに寄与することができます。

  • 特産品やサービスの受け取り
    寄付の対価として、地域特産品や観光体験、地域の食材などを受け取ることができます。これにより、地域の魅力を知り、その場所の文化や味覚に触れることができます。
  • 税制優遇措置
    ふるさと納税は、所得税や住民税の控除の対象となります。これにより、寄付を通じた支援が、税金の軽減につながります。
  • 感謝の気持ち
    ふるさと納税を通じて地域に寄せる支援は、地域住民や自治体からの感謝の気持ちを受けることができます。自分の寄付が実際に地域で役立っていることを実感できることも、この制度の魅力の一つです。

ふるさと納税は、地域とのつながりを深め、同時に心温まる体験や特産品を手に入れる素晴らしい機会です。

ニッカウィスキーについて

会社」。その起源は、広島県から北海道へと続く、情熱と冒険の物語です。1934年、北海道余市郡余市町に「大日本果汁株式会社」が誕生し、これがニッカのルーツとなりました。その略称「日果(にっか)」が、今日のブランド名として輝きを放っています。

竹鶴政孝氏は、スコットランドに近い気候を持つ北海道で、日本独自のウイスキーづくりを志しました。初期はリンゴを原料にしたジュースでスタートしましたが、竹鶴の品質へのこだわりが反映され、果物から始まった冒険はやがてウイスキーの世界へと広がっていきました。

そして、ふるさと納税を通じて、このニッカウィスキーの魅力に触れることができるのです。竹鶴氏の情熱、創業の精神が込められたウイスキーの歴史を味わい、北海道の大自然が生んだ逸品に触れる喜び。ふるさと納税なら、その魅力を手に入れつつ、地域社会への温かな支援もできるという素晴らしい一石二鳥の機会です。竹鶴氏の夢と情熱が息づく、ふるさと納税で手に入れたい特別な一本を見つけてみてください。

フロムザバレル、今注目はこちら

ニッカウヰスキー フロム・ザ・バレル
ニッカウヰスキー フロム・ザ・バレル
寄付金額:20,000円
自治体:栃木県さくら市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

楽天ふるさと納税公式

日本のウイスキー文化の誇り、それがニッカウヰスキーの至宝「フロム・ザ・バレル」。このウイスキーは、まさに舌を贅沢な冒険へ誘います。ふるさと納税を通じて手に入れたくなる、その魅力に迫ります。

熟成されたモルトウイスキーとグレーンウイスキーが見事に融合し、再貯蔵によって深化するフロム・ザ・バレル。その個性を引き立てるために、割り水を一切加えずにボトル詰めされた、アルコール分51%の贅沢な仕上がり。重厚でありながら繊細、豊かな香りが鼻腔に広がり、口に含めば独特のコクと奥深い味わいが感じられます。

欧州で高い評価を受けるニッカウヰスキーの中でも、フロム・ザ・バレルはその特異性が際立っています。ふるさと納税を通じて、これほどの逸品を手に入れることはまさに贅沢。ニッカ渾身の一本が、あなたの味蕾に感動の旅をもたらします。

ふるさと納税で手に入るこの特別なウイスキーは、日本の誇りと匠の技が凝縮された証。自然と歴史が織りなすふるさとからの贈り物として、この一瓶を迎えることで、あなたの日常に特別な輝きが訪れることでしょう。その厚みのある旨み、香り高い冒険が、ふるさと納税の心地よい贈り物となります。

ニッカウィスキーの種類

ニッカウヰスキー返礼品一覧
ニッカウヰスキー返礼品一覧
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

ウイスキーの世界において、一瞬の口福を届けるのは、まさにニッカウィスキーの芸術です。日本が世界に誇る洋酒メーカー、その中でもニッカウィスキーはその風味、品質、そして独自性において際立っています。まるで一本一本が詩のようなストーリーを語るかのような、多彩で個性的なラインナップが魅力的です。

竹鶴政孝氏の情熱と探究心から生まれたニッカウィスキーは、様々な種類が存在し、それぞれが異なる風味と魅力を披露しています。おそらく、あなたがまだ知らない新たなウイスキーの可能性に出会えるかもしれません。そこで、ここではその数々の種類にスポットを当て、どのような旅に連れて行ってくれるのか、一緒に探ってみましょう。

竹鶴氏が手掛ける新ブランド「ニッカ セッション」

ニッカセッション返礼品一覧
セッション12本(12カ月コース)
自治体:栃木県さくら市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

日本のウイスキーには、竹鶴政孝氏の情熱が息づいています。その熱意が生んだ新たなブランド、「ニッカ セッション」はまさに音楽のような一本。ふるさと納税で手に入れることができる、その魅力に迫ります。

「セッション」とは音楽用語で、複数の演奏者が同時に演奏すること。このウイスキーもまさに異なる原酒が織りなす美味のセッションです。スコットランドのモルトと日本のモルトが出会い、互いの個性を引き立て合い、調和し合う。まるで心地よい音楽のような余韻が広がります。

6年ぶりの新ブランド、女川裕司氏の手によるブレンド

創業から数えて85年以上、竹鶴氏の哲学に基づきニッカウヰスキーは数々の名作を世に送り出してきました。その伝統と新たな挑戦が交差する瞬間が訪れました。2014年に登場した「ザ・ニッカ」から6年ぶり、新しい旅が始まるのです。ニッカブレンダー室主席ブレンダーの女川裕司氏が手掛ける「ニッカ セッション」は、先入観にとらわれない新しいウイスキーの可能性を探ります。

ウイスキーらしさからの脱却、新しい美味しさの追求

女川氏は、アサヒビールで新ジャンルの「アサヒオフ」や本格焼酎「金黒」などを開発し、その後、ウイスキーのブレンダー室に異動。そこで彼が感じたのは、「これまでのウイスキーづくりに対する常識や先入観にとらわれない、本当に美味しいウイスキーとは何か?」という疑問でした。

「ウイスキーはこうあるべき」という先入観を捨て、視野を広げ、誰でも気負いなく楽しめるウイスキーを造りたい。そんな思いから生まれたのが「ニッカ セッション」。異なる香りと味わいが、まるで音楽のように奏でられる独自性を持っています。

スコットランドと日本の原酒をブレンド、異なる香りと味合いが奏でるセッション

「ニッカ セッション」は、スコットランドと日本のモルト原酒が見事に融合しています。ベン・ネヴィス蒸溜所からのスコティッシュモルト、宮城峡蒸溜所からの宮城峡モルト、余市蒸溜所からの余市モルト。異なる特徴を持つこれらのモルトが、まるで音楽のような「セッション」を奏でます。

「セッション・ソーダ」がおすすめ!

通常のウイスキーの飲み方としては、ストレート、ロック、ハイボールがありますが、「ニッカ セッション」は新たな提案をします。その名も「セッション・ソーダ」。これは「セッション ソーダ1:ニッカ セッション3」の割合で作ります。

セッション・ソーダは、ビターさや香ばしさが穏やかに広がり、新鮮で爽やかな味わいが楽しめます。そして、その味わいは青魚や山菜の天ぷら、生ハムなど様々な料理との相性も抜群です。これまでにない新しい飲み方を通じて、「ニッカ セッション」の魅力を存分に味わってください。

「スーパーニッカ」で楽しむ、さくら市の特別な贅沢

スーパーニッカ返礼品一覧
スーパーニッカ12本(12カ月コース)
自治体:栃木県さくら市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

さくら市には、ニッカウヰスキーの貯蔵基地が佇んでいます。ここで育まれたウイスキーが贈り物として登場します。「スーパーニッカ」は、その中でも特に華やかな香り、穏やかなピートの香り、そしてウッディで甘い樽熟成香が楽しめる贅沢な一本です。

香りの調和、味わいの饗宴

贅沢なウイスキーを味わうなら、まずはその香りから。スーパーニッカは、豊かな香りが鼻をくすぐります。ピートの穏やかな香りが漂い、樽熟成によるウッディで甘い香りが絶妙なバランスで広がります。

そして、口に含む瞬間。絶妙な調和から生まれるほのかな味わいとコクが、贅沢な時間を約束します。カフェグレーンとの絶妙なブレンドがもたらすスムースな口当たりは、ウイスキー愛好者を虜にすることでしょう。

スーパーニッカ、ふるさと納税で手に入れる特別な一本

この特別なウイスキーをふるさと納税で手に入れると、まさにさくら市の誇りを感じることができます。その土地ならではの贅沢な風味を、ふるさとの景色と一緒に楽しむ贅沢。贈り物としても、自分へのご褒美としても、スーパーニッカは特別な一本です。さくら市の心地よい風景とともに、このスペシャルなウイスキーで至福のひとときをお過ごしください。

贅沢なモルトの調和「ハイニッカ」を嗜む極上のひととき

ハイニッカ 720ml×2本
ハイニッカ 720ml×2本
寄付金額:11,000円
自治体:栃木県さくら市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

酒税法の限度一杯まで、贅沢なモルトを使用した「ハイニッカ」。その独自の製法が生み出す、やわらかなモルト香と香ばしく軽やかなカフェグレーンの香りが、調和を奏でます。

甘さとコク、ピートのほのかな風味

ハイニッカは、甘さとコクが絶妙に融合し、ほのかなピートがアクセントとなる独自の味わいを楽しむことができます。その味わいはまさに至福の一杯。贅沢な時間が広がります。

ビター感とキレのある後味

ハイニッカを味わった瞬間、ほのかなビター感が広がり、すっきりとしたキレのある後味が特徴です。口中に広がる余韻は、まさに贅沢な酒の証。その味わいは、一度味わったら忘れられない、特別なものとなるでしょう。

ハイニッカ、ふるさと納税で手に入れる極上のウイスキー

贅沢なひとときを味わいたいなら、ふるさと納税で「ハイニッカ」を手に入れてみてください。特別な贈り物や、自分へのご褒美として、ハイニッカは格別な存在となることでしょう。極上のモルトとカフェグレーンが織りなす芳醇な香りと味わいに、ぜひ身を委ねてみてください。至福のウイスキータイムが、あなたを待っています。

「ウイスキー ブラックニッカ スペシャル」で極上の味わい

ウイスキー ブラックニッカ 返礼品一覧
ウイスキー ブラックニッカ スペシャル (720ml)
自治体:栃木県さくら市/北海道余市町
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

余市町、ニッカウヰスキーの発祥の地。その地で生まれた「ウイスキー ブラックニッカ スペシャル」は、総合力の高さが魅力です。

宮城峡モルトの贅沢なブレンド

最高品質の宮城峡モルトがシェリー樽で熟成され、新たな味わいへと昇華。やわらかな甘さとビターな味わいが絶妙に調和し、穏やかなピートと樽の余韻が際立ちます。

余市の風土が育む特別な一杯

ブラックニッカスペシャルは、余市の風土や伝統が詰まった一杯。国産ウイスキーの中でも、アルコール臭を感じさせず、ボディ感があり、コクとビターさ、甘さが見事に調和します。

お好みに合わせて楽しめる飲み方

ストレートにしても、トワイスアップ・ロックにしても、ハイボールにしても。どのような飲み方でも楽しめる柔軟性を持つブラックニッカスペシャル。自分だけのスタイルで、極上のひとときをお楽しみください。

特別な一瞬、贅沢な時間

「ウイスキー ブラックニッカ スペシャル」は、余市町の誇りと伝統が生み出す贅沢な時間の証。特別な方への贈り物として、または自分へのご褒美として、この極上のウイスキーで至福のひとときをお過ごしください。

「アサヒ ブラックニッカ クリア ハイボール」で彩る爽快なひととき

アサヒ ブラックニッカ クリア ハイボール返礼品一覧
アサヒ ブラックニッカ クリア ハイボール
自治体:栃木県さくら市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

ブラックニッカの進化形、「アサヒ ブラックニッカ クリア ハイボール」が、ふるさと納税のおすすめ返礼品として登場。やわらかな香りとまろやかな味わいが、研ぎ澄まされたクリアな味わいの「ウィルキンソン タンサン」との絶妙なマリアージュで、爽快なひとときを演出します。

ブラックニッカ クリアのウイスキー感と飲みごたえ

ブラックニッカ クリアは、その名の通りクリアでありながら、ほどよいウイスキー感が楽しめます。アルコール度数9%というしっかりとした飲みごたえが、贅沢な雰囲気を醸し出します。

ウィルキンソン タンサンのシャープな刺激

「ウィルキンソン タンサン」は、その炭酸水のクリアな味わいが、ブラックニッカ クリアと絶妙な調和を生み出します。シャープな飲み口とキレのある炭酸の刺激が、まろやかなウイスキーとの対比を生かし、さらなる爽快感を引き立てます。

爽快なのどごし、至福の味わい

このハイボールは、まるで余市の風を感じるかのような爽快なのどごしと、余韻の長い味わいが特徴。贈り物や自分へのご褒美に最適な逸品です。ふるさと納税で「アサヒ ブラックニッカ クリア ハイボール」を手に入れ、至福のひとときをお楽しみください。

「ブラックニッカ4種セット」でウイスキーの極上饗宴

ブラックニッカ4種セット | 飲み比べ ウイスキー
ブラックニッカ4種セット | 飲み比べ ウイスキー
寄付金額:22,000円
自治体:栃木県さくら市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

さくら市の風土を凝縮した、ニッカウヰスキーの極上飲み比べセットが登場。ふるさと納税で手に入るこの特別なセットは、ブラックニッカの4つの顔をご堪能いただける逸品です。

  • ブラックニッカクリア – 清涼なまろやかさ
    ブラックニッカクリアは、やわらかな香りとまろやかな味わいが特徴。さくら市の大地が育む穏やかな気候と、熟練の職人技が生み出す、清涼感あふれる一杯です。
  • ブラックニッカスペシャル – バランスの芸術
    甘さとコク、バランスの良い調和が楽しめるブラックニッカスペシャル。さくら市の麓で育まれたウイスキーは、やわらかな甘さとビターなコクが見事にマリアージュし、贅沢なひとときを提供します。
  • ブラックニッカディープブレンド – ウッディな香りと甘い誘惑
    新樽ならではのウッディな香りと、バニラを思わせる甘い香りが広がるディープブレンド。さくら市の風土が香りに宿り、深みのある味わいが心地よく漂います。
  • ブラックニッカリッチブレンド – 華やかな樽の調べ
    甘くやわらかい樽の香りと、フルーティーで華やかな香りが魅力のリッチブレンド。さくら市の蒸留所で丹念に仕込まれた原酒たちが、調和のとれた味わいを奏でます。

贈り物や特別なひとときに最適な4つの選りすぐり

この贅沢な4種セットは、贈り物や自分へのご褒美にぴったり。さくら市の風土が生んだ個性豊かなウイスキーを、心ゆくまで楽しむ至福のひとときをふるさと納税で手に入れましょう。

ウイスキーアマチュアでもわかるサントリーとの違い

日本のウイスキーといえば、サントリーとニッカ。この2社が国産ウイスキーのほぼ9割のシェアを占めていると言われています。サントリーが6割強、ニッカが3割弱のシェアを持ち、他にもいくつかの銘柄が存在します。ただし、地元のウイスキーを手に入れるにはその土地に足を運ぶ必要があることも事実です。

マッサンの舞台裏にある創業者の対立

サントリーとニッカの興味深い対比は、創業者たちの方向性の違いから生まれました。サントリーの創業者、鳥井信治郎は、本場スコットランドの職人を招聘して本格的なウイスキーを作りたいと考えていました。しかし、そのスコットランドでウイスキーを学んだ竹鶴政孝が、本場にも負けない質にこだわり、「良いもの」を作りたいとしてニッカを創業しました。結果的に、売れる商品を追求するサントリーと、質を重視する職人気質の竹鶴により、2社のウイスキーは大きな差を持つこととなりました。

ウイスキー作りへのアプローチの違い

サントリーは「商売人」として、「売れるもの」を作ろうとし、CMなどの広告戦略も上手く用いています。一方、ニッカは「職人」として、「良いもの」を作ろうとし、余市など最高の環境でウイスキー作りに励んでいます。これは蒸留所の立地選びにも現れており、竹鶴は余市の環境を活かし、鳥井は商売としての観点から山崎を選びました。

差別化されたブランドの現在

現在、サントリーはジムビームなども手がけ、CM戦略も巧みです。一方で、ニッカはアサヒビールの完全子会社化となりましたが、高い評価を受ける商品も多く、特に価格帯が高い商品で賞を獲得しています。売れることと品質のバランスを取るサントリーと、品質を追求するニッカの対比は、ウイスキー愛好者にとって選択肢を広げる要因となっています。

最後にアマチュアの感想

アマチュアの視点から見ると、サントリーとニッカのウイスキーには共通点もありますが、どちらかと言えば職人気質なニッカの方が好まれることも。しかし、好みの差があるため、それぞれのブランドの魅力を探し、楽しむことが一番重要です。