PR

期限過ぎても大丈夫?ふるさと納税の申し込み期間や控除申請期間を徹底解説!

この記事は約14分で読めます。

あなたは「ふるさと納税、やりたいけど期限過ぎちゃったかも?」と考えていませんか?ご心配なく、ふるさと納税は意外と柔軟なんですよ。期限を気にするあなたのために、ふるさと納税の基本から、期限が過ぎた後の「実はまだ大丈夫」という秘密まで、わかりやすく解説します。確定申告がどう関係しているのか、ワンストップ特例申請って何?そんな疑問もすっきりさせます。

ふるさと納税は、大好きなあの町を支援できる素晴らしい制度。でも、「期限」というワードにビクビクして、せっかくのチャンスを逃してしまってはもったいないですよね。この記事では、期限に関するよくある誤解を解消し、あなたが安心してふるさと納税を楽しむためのポイントをお伝えします。期限が過ぎた後でもできること、まだ間に合う申し込み方法など、知っておくと便利な情報を盛りだくさんでお届け!ふるさと納税、実はもっと自由で、もっと楽しいんです。さあ、一緒にその魅力を探っていきましょう!

ふるさと納税の基本と期限の真実

ふるさと納税とは何か?基本を押さえる

ふるさと納税、聞いたことはあるけど「なんだか難しそう…」と思っていませんか?大丈夫、基本さえ押さえれば、とってもシンプルな制度ですよ。簡単に言うと、好きな自治体に寄付をして、その分、税金が減る仕組み。しかも、寄付したお礼には、その地域の特産品などの「返礼品」がもらえるんです。つまり、あなたの支援がそのまま地域の力になり、美味しいものやうれしいものが戻ってくる、まさにwin-winのシステムなんです。

ふるさと納税の期限が過ぎたらどうなる?

「あれ、もしかしてふるさと納税の期限って、もう過ぎちゃってる?」そんな時、焦る必要はありません。実は、ふるさと納税には「申し込み期限」というものが存在しますが、これは基本的に12月31日。でも、もし期限を過ぎてしまったとしても、次の年の確定申告をすることで、控除を受けることができるんです。つまり、「遅れた!」と思っても、まだチャンスはあるので、諦めないでくださいね。

ふるさと納税期限2024:今年の締切日は?

さて、2024年のふるさと納税、その締切日はいつになるのでしょうか?答えはやっぱり12月31日。毎年このパターンです。しかし、忘れがちなのが、ワンストップ特例申請の締切。これは確定申告をしないで済ませたい人向けの制度で、その期限は1月15日です。だからと言って、12月31日を過ぎたら諦めることなかれ。確定申告をすれば、それまでの寄付に対する控除を受けることができます。つまり、年が変わっても、まだ間に合うんです。

3つのポイントで覚えるふるさと納税の「いつまで?」の疑問

ふるさと納税って、いつまでにやればいいの?そんな「いつまで?」の疑問を、ひとまとめに解決します!ふるさと納税のキモとなる3つの期間、しっかり覚えておきましょう。

まず知っておきたい!ふるさと納税の3つの大事な期間

ふるさと納税、気になるけど「どのくらいの期間があるの?」と思ってる方、大丈夫です!ここで、ふるさと納税の大事な3つの期間をやさしく解説しますよ。

  1. 申し込み受付期間:年が変わる1月1日から、また年が終わる12月31日まで。つまり、1年中いつでもOK!
  2. 確定申告をしたくない方向けの特例。これの期限は、翌年の1月15日まで。つまり、前年中に寄付した分について、特例を使いたければ、この日までに必要な書類を提出する必要があります。
  3. 確定申告の期限:ふるさと納税の控除を受けるためには、翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告をする必要があります。ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、この期間を逃すと控除を受けられないので注意してくださいね。

ふるさと納税、ちょっとした期限の知識があれば、ぐっと楽になります。申し込みは1年中可能、ワンストップ特例制度を使えば確定申告は不要、でも使わなければ翌年早々に確定申告を忘れずに。これで、あなたもふるさと納税マスターに一歩近づきましたね!

申し込みはいつまで?答えは12月31日!

でも、ただ申し込んだだけじゃダメ。大事なのは、「支払い完了」すること。なぜなら、自治体がくれる「寄附金受領証明書」には、お金がちゃんと支払われた日(つまり受領日)が記載されていて、それが12月31日までになっていないと、その年のふるさと納税としてはカウントされないんです。

支払いまで完了することが重要!

1年のふるさと納税の受付期間終了は12月31日 23:59までなのですが注意するポイントがあります!

申し込み完了とは支払いまで完了していることです。

自治体が発行する「寄附金受領証明書」に記載される寄付金の受領日(納付日)は支払が完了した日付だからです。

この受領日が12月31日 23:59までなら年内としてその年のふるさと納税として扱われれます。

支払い方法で差が出る?クレカなら安心!

支払い方法によっては、思ったよりも日付がズレてしまうことが。例えば、コンビニや銀行振り込みだと、実際に支払いを完了した日よりも受領日が遅れがち。でも、クレジットカードなら、ふるさと納税サイトで申し込みと同時に決済も完了。これが、シンプルでおすすめの理由です。

支払方法で受領日が遅くなる!シンプルにクレジットカード払いがおすすめの理由

ふるさと納税の申し込み完了となる支払完了の意味は支払方法で違うので自分が支払い完了したと思う日付と自治体が記載する受領日にズレがあるので注意が必要です。

それぞれの支払方法で受領日がどのようになるかまとめているのでご確認ください。

受領日の違い
  • クレジットカード:ウェブサイトで申し込みと同時に決済が完了した日
  • 電子マネー:ウェブサイトで申し込みと同時に決済が完了した日
  • コンビニ払い:ウェブサイトで申し込み後、コンビニで決済が完了した日
  • 銀行振り込み:ウェブサイト申し込み後、後指定口座へ振り込みが完了した日
  • 現金書留:ウェブサイトで申し込み後、自治体が現金書留を受け取って処理した日

24時間、いつでも申し込みOK!

ふるさと納税サイトはいつでもオンラインでアクセス可能。クレジットカードを使えば、申し込みも決済もスムーズに、そして即座に完了します。だから、「いつまで?」の心配はもう不要。ただし、12月31日までには、しっかりと全てを完了させましょう。

これで、ふるさと納税の「いつまで?」の疑問は解決!支払い完了がカギを握るので、忘れずに確認しておきましょう。

ふるさと納税の控除を受ける2つの道 ワンストップ特例制度と確定申告の期限とは?

ふるさと納税を利用した控除を受ける方法は大きく分けて2つあります。それぞれ期限が異なるので、しっかりチェックしておきましょう!

控除を受ける方法は2つ!期限が違うので注意!

  • ワンストップ特例制度:締め切りはふるさと納税を行った翌年1月10日までに申請書が必着すること!
  • 確定申告:確定申告の締切日。通常は翌年3月15日までに確定申告を終える必要がある!

ワンストップ特例制度って何?

ワンストップ特例制度は、確定申告不要でふるさと納税の控除を受けられる制度です。この制度は、主に確定申告が必要ないサラリーマンなどが簡単に利用できるよう設けられました。

ワンストップ特例制度が使える人のポイントは3つ!

  • 確定申告の必要がない
    サラリーマンなどは年末調整のみなので可能
  • その年の寄付した自治体が5つまで
    申し込んだ返礼品の数ではなく1つの自治体で2つ返礼品を申し込んでいても1自治体と数える
  • 寄付した全ての自治体に申請書の送付
    寄付した翌年の1月10日までに必着が条件

重要な期限:締め切りは翌年1月10日

寄付した翌年の1月10日までに申請書を自治体に送る必要があります。万が一この期限に間に合わなかった場合でも、確定申告をすれば問題ありません。

もし1月10日までに申請書が届かなかったら?

うわー!1月10日までにワンストップ特例制度の申請書を自治体へ送っていなかった!となっても心配する必要はありません!

その場合は確定申告をすればまったく問題ありません!

サラリーマンなら確定申告の時期までに源泉徴収票が送られてきます。

源泉徴収票があればふるさと納税サイトの「簡単確定申告」を使ってパソコンやスマホからe-taxで簡単に確定申告が終わります!

ワンストップ特例制度を使うと5つの自治体で絞られてしまうので敢えて確定申告をするというのもおススメです!

さとふるの「かんたん確定申告」なら源泉徴収票があれば画面に従って進めるだけで簡単に確定申告書類が出来上がります。

私がおススメするさとふるが提供している「かんたん確定申告」はこちら>>>

さとふるのかんたん確定申告を確認

ワンストップ特例制度落とし穴

ワンストップ特例制度を使って期限までに申請書を自治体へ送っても無効となるケースがあります!

サラリーマンの方で当てはまる落とし穴の例
  • 副業などで雑収入が20万超え
    サラリーマンでも雑収入が20万を超えると確定申告が必要。確定申告するとワンストップ特例制度で申請したものはすべて無効になるので確定申告へ加える必要がある
  • 住宅ローンの初年度
    住宅ローン初年度は年末調整対象ではないので確定申告が必要
  • 医療控除が発生した
    医療控除などで確定申告をした場合はワンストップ特例制度は無効

確定申告のススメ

確定申告をすることで、ワンストップ特例制度の自治体数制限を超えて寄付した場合でも、しっかりと控除を受けることができます。

確定申告が必要な人

  • 住宅ローンの初年度
    サラリーマンは住宅ローンの初年度は年末調整が出来ないので確定申告が必要
  • 医療控除など申告がある
    医療控除などで確定申告をするとワンストップ特例制度は無効
  • 年収が2000万以上
    年収2000万円以上の方は確定申告対象
  • ワンストップ特例制度に間に合わなかった
  • 寄付した自治体が6自治体以上

e-taxなら寄付金証明書の提出の必要なし!

最近は、国税庁のe-taxサイトや「さとふる」のかんたん確定申告など、オンラインで簡単に確定申告を行う方法が増えています。これらのサービスを利用すれば、源泉徴収票と寄付金受領証があれば、パソコンやスマホから手軽に確定申告を完了できます。

国税庁のe-taxサイト
https://www.e-tax.nta.go.jp/

もしあなたがサラリーマンで寄付した自治体が6自治体を超えた場合ならさとふるの「かんたん確定告」をおすすめします!

源泉徴収票と寄附受領証があれば画面に従って入力するだけでかんたんに確定申告書類が出来上がりす!

私がおススメするさとふるが提供している「かんたん確定申告」はこちら>>>

さとふるのかんたん確定申告を確認

ワンストップ申請後に確定申告した場合

ここで疑問になるのがワンストップ特例制度を申請した後に確定申告をした場合はどうなるの?ということですよね。

心配ありません!

ワンストップ特例制度を申請していても確定申告をした場合は勝手に無効になるので申請済みのワンストップを取り消す手続きは必要ありません!

ふるさと納税期限に関するQ&A

ふるさと納税、気になるけど「期限はいつ?」や「もし期限を過ぎたら?」など、疑問は尽きないですよね。ここでは、そんな疑問に答えます!

Q: ふるさと納税の申し込み期限はいつまで?

A: ふるさと納税の申し込み期限は、年末の大掃除が終わる頃と同じ、12月31日までです。つまり、1年の最後の日が締め切りというわけ。でも、「申し込む」だけでなく、「支払いを完了させる」ことが重要です。オンラインで申し込み、クレジットカードで支払いを済ませば、その日が寄付の日になります。一方で、銀行振り込みやコンビニ支払いだと、支払いが完了するのに時間がかかることも。だから、年末ギリギリに申し込むなら、支払い方法にも注意してくださいね。

Q: 期限後に気づいた場合の対処法は?

A: 「しまった、期限を過ぎてしまった!」と気づいた場合でも、全てが終わったわけではありません。対応策として、確定申告をすることが挙げられます。確定申告を通じて、過ぎてしまった期限後でも、ふるさと納税の控除を受けることが可能です。ただし、この場合、翌年の2月16日から3月15日までの間に確定申告を行う必要があります。さらに、ふるさと納税で寄付した自治体から送られてくる「寄付金受領証明書」が必要になるので、これを失くさないように注意してください。そして、確定申告は少し手間がかかるかもしれませんが、オンラインで行えば思ったより簡単。ふるさと納税のサイトや国税庁のe-Taxなどを利用して、手軽に申告しましょう。

ふるさと納税は、期限までに申し込みと支払いを完了させることが大切ですが、もし期限を過ぎてしまっても諦める必要はありません。確定申告をすれば、寄付による控除を受けることができるので、忘れずに行いましょう。そして、次回からは期限内に申し込むように心がけて、ふるさと納税を上手に利用していきましょう。

ふるさと納税の期限にまつわる誤解を解消

ふるさと納税に興味はあるけれど、「期限がよくわからない」とか、「期限を過ぎたらどうなるの?」なんて思っていませんか?ここでは、ふるさと納税の期限に関するよくある誤解をクリアにしていきましょう。

ふるさと納税ワンストップ特例の期限って?

「ワンストップ特例制度って何?期限は?」そんな疑問をお持ちの方も多いはず。ワンストップ特例制度とは、簡単に言うと、確定申告をせずにふるさと納税の控除を受けられる制度のこと。でも、この制度を利用するには、寄付をした翌年の1月10日までに必要な書類を提出する必要があります。つまり、期限までに手続きを済ませば、わざわざ確定申告をしなくても控除が受けられるんですよ。

確定申告とふるさと納税期限の関係

では、確定申告はふるさと納税とどう関係しているのでしょう?確定申告とは、その年の収入や控除などを申告し、最終的な税金を計算する手続きのこと。ふるさと納税の場合、寄付したことで控除を受けられるのですが、ワンストップ特例制度を利用しない場合は、この確定申告を通じて控除を申請する必要があります。確定申告の期限は、翌年の2月16日から3月15日まで。この期間を逃すと、控除を受けることができなくなってしまうので注意が必要です。

ふるさと納税期限過ぎた:それでも遅くない理由

「あれ、もしかしてふるさと納税の期限を過ぎちゃったかも…」そんな時も安心してください。期限を過ぎてしまった場合でも、確定申告をすることで、しっかりと控除を受けることができます。確かにワンストップ特例制度の便利さを利用できないのは残念ですが、確定申告を通じて、遅れてでも寄付の恩恵を受けられるのです。だから、「遅くなったからもうだめだ…」なんて諦める必要はありませんよ。

確定申告で寄付金控除を忘れた場合、どうすればいい?

確定申告をしたけれど、ふるさと納税の寄付金控除を申告し忘れてしまった場合でも、全てが終わったわけではありません。実は、確定申告書の提出期限から5年以内であれば、「更正の請求」という手続きを通じて、寄付金控除を受けることが可能です。

更正の請求って何?

更正の請求とは、すでに提出した確定申告書に誤りや漏れがあった場合に、それを訂正するための手続きのこと。つまり、寄付金控除をうっかり忘れてしまった場合でも、この手続きを行うことで控除を受けるチャンスがあるんです。

還付申告もオプションの一つ

さらに、確定申告書を提出する義務がない方でも、源泉徴収された所得税額や予定納税額が実際に計算した所得税額より多い場合、還付申告をすることで納め過ぎた税金を戻してもらえます。これは、ふるさと納税に限らず、過払い税金がある場合にも有効な手段です。

過ぎてしまった後でも大丈夫

確定申告の原則的な期限は、その年の翌年の3月15日までですが、還付申告はその翌年の1月1日から5年間提出が可能。つまり、期限を過ぎてしまった後でも、寄付金控除を含めた還付申告を行うことで、適用を受けられるチャンスがあります。

「確定申告で寄付金控除を忘れた!」そんな時でも、更正の請求や還付申告を利用することで、寄付金控除の適用を受けることが可能です。期限後でも諦めず、適切な手続きを行いましょう。ふるさと納税は、制度を正しく理解し、上手に利用することで、さらに魅力的なものになりますよ。

ふるさと納税の期限に関する誤解を解消しました。ワンストップ特例の便利さを活用するもよし、確定申告でしっかり控除を受けるもよし。ふるさと納税は、あなたのタイミングで、あなたの方法で利用できる制度なのです。

ふるさと納税の「いつまで?」の疑問まとめ

ふるさと納税を始めたいけれど、「いつまでに何をすればいいの?」そんな疑問を抱えている方へ。ここでは、ふるさと納税の「いつまで?」に関する基本から、期限が過ぎた後の対処法までをわかりやすく解説します。

ふるさと納税とは何か?基本を押さえる

ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に寄付をすることで、その額が所得税や住民税から控除される制度です。寄付した自治体からは、お礼の品(返礼品)がもらえることも。この制度は、地域の支援と自分へのメリットが一石二鳥の素晴らしい仕組みです。

申し込みに関しての「いつまで?」

ふるさと納税の申し込み期限は、毎年12月31日までです。この日までに寄付と申し込みが完了していないと、その年の税控除の対象外となります。特に年末は申し込みが集中するので、余裕を持って行動しましょう。

  • 申し込みは1年通していつでも可能
  • 年間のふるさと納税総額は1月1日から12月31日までの合計金額
  • 寄付金の支払完了日(決済完了)が自治体の受領日
  • 寄付支払方法で自治体の受領日が異なる
  • 寄付支払はクレジットカードが便利

控除申請に関しての「いつまで?」

ふるさと納税の控除を受けるためには、ワンストップ特例制度の利用か確定申告が必要です。ワンストップ特例制度の申請期限は、翌年の1月10日まで。確定申告をする場合は、翌年の2月16日から3月15日までの期間内に申告を完了させましょう。

  • ワンストップ特例制度の申請書は翌年1月10日までに自治体へ必着が期限
  • 翌年1月10日までにワンストップの申請ができなかったら確定申告
  • 確定申告の期限は翌年3月15日まで

ふるさと納税の期限が過ぎたらどうなる?

期限を過ぎてしまった場合でも、諦める必要はありません。翌年の確定申告を通じて、ふるさと納税の控除を申請することができます。ただし、その場合はワンストップ特例制度は利用できないので注意が必要です。

ふるさと納税期限2024:今年の締切日は?

2024年のふるさと納税の締切日も、変わらず12月31日です。毎年この日が基本の締め切りとなっています。年末になるとあっという間に時間が過ぎてしまうもの。早め早めの行動を心がけましょう。

ふるさと納税は、期限内に申し込みを完了させることが大切です。しかし、もし期限を過ぎてしまった場合でも、まだ対処法はあります。ふるさと納税を通じて、自分にも地域にもメリットをもたらしましょう。

タイトルとURLをコピーしました