サードウェーブ「Core i5」搭載ノートパソコンはマルチタスクの作業におすすめ

サードウェーブ「Core i5」搭載ノートパソコンはマルチタスクにおすすめサードウェーブ
この記事は約5分で読めます。

ふるさと納税のパソコン選びで比較的安い寄付金額で高いスペックの機種が多い「サードウェーブ」のノートパソコンを選ぶときにエクセルやワードなどのオフィスアプリを使って作業を頻繁に行うなら「Core i5」のCPUを搭載したノートパソコンがおすすめです。

今回は「サードウェーブ」の「Core i5」搭載のノートパソコンを徹底解説します!

 サードウェーブ「THIRDWAVE DX-T5 」

Core i5搭載15.6インチノートPC サードウェーブ「THIRDWAVE DX-T5 」
Core i5搭載15.6インチノートPC サードウェーブ「THIRDWAVE DX-T5 」
寄付金額:285,000円
還元率:25%
自治体:神奈川県綾瀬市
スペック

  • メーカー:サードウェーブ
  • サイズ:15.6型
  • CPU:インテル Core i5-1135G7
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD:256GB NVMe
  • OfficeSoft:
  • 詳細:DVD/CDドライブ:なし
掲載ページ

ふるなび公式ページ

楽天ふるさと納税公式

ふるさと納税のパソコン選びで外せないのがサードウェーブです。

サードウェーブはBTOパソコンのメーカーでスペックが高くて安い寄付金額のパソコンを多く提供しています。

「THIRDWAVE DX-T5 」は15.6型でやや大型のノートパソコンなので外に持ち出したりするというよりも家でリモートワークで仕事をするなどに使うパソコンです。

家で使うならデスクトップも考えられますが気分転換に部屋を変えて仕事をしたり置き場所を選ばずに使えるので私はノートパソコンをおすすめします!

「THIRDWAVE DX-T5 」のスペック

「THIRDWAVE DX-T5 」はインテルの「Core i5」CPUを搭載しているノートパソコンの中では最安値になります。

最安値の「Core i5」搭載のマウスコンピューターと比べても圧倒的にスペックが高い機種になります。参考のために同じ寄付金額のマウスコンピューターの「F5-i5-IIYAMA」と比較してみます。

「THIRDWAVE DX-T5 」

  • 寄付金額:285,000円
  • メーカー:サードウェーブ
  • CPU:Core i5-1135G7
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:256GB NVMe
  • 光学ドライブ:
  • オフィスソフト:

「F5-i5-IIYAMA」

  • 寄付金額:285,000円
  • メーカー:マウスコンピューター
  • CPU:Core i5-10210U
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB (SATA)
  • 光学ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
  • オフィスソフト:

CPUの違い

サードウェーブのCPUは「Core i5」でも第11世代を使っていてマウスコンピューターよりも後に発売されたモデルです。

この2つのCPUの性能を比べるとサードウェーブの「Core i5-1135G7」の方が高い性能なので処理能力なども当然高くなります。

オフィスアプリで作業するにしても重いデータなどが多いのであれば断然処理速度が変わってきます。

マウスコンピューターは「Core i5-10210U」で一般向けノートパソコンに使われるモデルですが、サードウェーブはグラフィックスを強化したG7を使っているのでゲームや動画、画像の編集などにも強いCPUと言えます。

メモリの違い

マウスコンピューターのメモリは8GBなのに対してサードウェーブは16GBあります。メモリ容量が多いとマルチタスクをするときに差が出たり、動画や画像編集の処理速度に大きな違いが出てきます。

16GBであれば3Dなどの高度なオンラインゲームでなければ十分遊べるレベルです。

ストレージの違い

サードウェーブのマウスコンピューターも同じ256GBのストレージですが、サードウェーブが最新の「NVMe」なのに対してマウスコンピューターは「SATA」となっています。

SSDはHDDに比べて転送速度が速いのでどちらも高速ではありますが、「SATA」の転送速度が転送速度は最大6Gbpsに対して「NVMe」は理論上最大40Gbpsの転送速度なので6倍以上の差があります。

同じ容量でもサードウェーブのSSDストレージの方が最新技術の良いSSDを使っていることが分かります。

サードウェーブを選んだほうが良い人

サードウェーブを選んだほうが良い作業をざっとまとめました。

  • エクセルやワードなどでかなり重い作業を行う
  • ウィンドウをいくつも開けて作業する必要がある
  • 動画編集や画像編集を頻繁に行う
  • たまに簡単なオンラインゲームをやる
  • DVDでの動画視聴はしない

基本的なスペック以外で唯一マウスコンピューターを選んだほうが良い人はDVDで動画を見ることがあるという方です。

本格的な事務作業をみっちりこなす場合には内蔵DVDは諦めて外付けDVDドライブなどを購入して対応したほうが作業効率は圧倒的に上がります。

特に動画や画像編集は編集ソフトがかなりメモリ容量をくいますので16GB以上はないとかなりストレスを感じると思います。

Core i5搭載15.6インチノートPC サードウェーブ「THIRDWAVE DX-T5 」
Core i5搭載15.6インチノートPC サードウェーブ「THIRDWAVE DX-T5 」
寄付金額:285,000円
還元率:25%
自治体:神奈川県綾瀬市
スペック

  • メーカー:サードウェーブ
  • サイズ:15.6型
  • CPU:インテル Core i5-1135G7
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:SSD:256GB NVMe
  • OfficeSoft:
  • 詳細:DVD/CDドライブ:なし
掲載ページ

ふるなび公式ページ

楽天ふるさと納税公式

今回は「Core i5」搭載の
ノートパソコンをご紹介しましたが
その他のサードウェーブPCも見たい方は
こちらから>>>

返礼品一覧

タイトルとURLをコピーしました