PR

アメトークでも紹介されたツインバードのコーヒーメーカーがふるさと納税で大人気!

この記事は約7分で読めます。

ANAのふるさと納税 マイルが貯まる

ふるさと納税で貰える、アメトークでも紹介されたツインバードのコーヒーメーカーは、コーヒー愛好家の間で大人気です。

この最新の全自動コーヒーメーカーは、コーヒーを淹れるプロセスをシンプルかつ快適にし、アイスコーヒーも簡単に作ることができます。

注目の家電返礼品なので要チェックです!

ツインバードの全自動コーヒーメーカー

全自動コーヒーメーカー 6カップ(CM-D465B)
全自動コーヒーメーカー 6カップ(CM-D465B)
寄付金額:124,000円
還元率:40%
自治体:新潟県燕市
紹介文
アメトークでも紹介された全自動コーヒーメーカー
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

2020年12月30日(水)のテレビ朝日「アメトーーク/歳末 家電芸人」で紹介されたツインバードの全自動コーヒーメーカーを、ふるさと納税の返礼品として強力にお勧めいたします!

このコーヒーメーカーは、日本一美味しいコーヒーを楽しむためのこだわりがたくさん詰まっています。ミルの機能が豆の焙煎や種類に応じて3段階の粒度調整を可能にし、抽出温度も83℃と90℃の2段階調整が可能です。これにより、コーヒーの風味や濃さを完璧にコントロールできるのが魅力です。

さらに、シャワードリップ技術を使用して、濾過槽がしっかりと作られたドリップが可能。これにより、コーヒーの全ての美味しさがしっかりと引き出されます。

ツインバードの全自動コーヒーメーカーは、コーヒー愛好家や家電愛好者にとって理想的な返礼品です。贈り物としても、自分へのご褒美としても最適です。ふるさと納税を通じて、この素晴らしいコーヒーメーカーを手に入れて、日々のコーヒータイムを特別なものにしましょう。

3杯と6杯のどっちがおすすめ?ツインバードの全自動コーヒーメーカーふるさと納税の返礼品選びのポイント

全自動コーヒーメーカー 3カップ(CM-D457B)
全自動コーヒーメーカー 3カップ(CM-D457B)
寄付金額:94,000円
還元率:46%
自治体:新潟県燕市
紹介文
アメトークでも紹介された全自動コーヒーメーカー
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

ツインバードの全自動コーヒーメーカーはふるさと納税の返礼品では3杯用と6杯用の2つの機種が用意されています。

そこで困るのは3杯用と6杯用のどちらを選べば良いのか?という疑問です。

そこで3杯用と6杯用のそれぞれの特長を比較し、選び方のポイントをご紹介いたします。

3杯用がおすすめの方

コーヒーにこだわりのある方や一人暮らしの方におすすめです。保温機能は抽出後20分とコンパクトなサイズながら、こだわりの一杯を楽しむには充分です。また、テレワークで自宅で仕事をする際にも、単独で快適に楽しむことができます。スリムなデザインは、キッチン壁側のオープンスペース棚にもピッタリ収まり、おしゃれな雰囲気を演出します。

6杯用がおすすめの方

夫婦やご家族でコーヒーを楽しむ方に最適です。抽出後30分の保温機能や、大容量900mlのカフェライクなコーヒーが楽しめます。お客様が来るおうちや小規模オフィスにも適しており、アイスコーヒーとしてもおすすめです。また、高い消費電力が可能にすることで、プロレベルのおいしいコーヒーを自宅で楽しむことができる口コミで大評判です。

サイズの違いにも注目!

3杯用と6杯用はどちらも田口護氏監修で同じでおいしいコーヒーを楽しむことができますが淹れるコーヒーの容量だけでなくサイズに違いがあることが特徴になっています。

どちらも幅と奥行きは同じなのですが、大きな違いは高さとなっています。キッチンの置き場所で高さがないところに置く場合はこの点に注意が必要です。

ふるさと納税でツインバードの全自動コーヒーメーカーを貰えばおいしいコーヒーを飲むために、カフェに出かけたりコンビニで買ったりする必要がなく挽きたてのコーヒー豆の香りを楽しみながらカフェタイムを楽しむことができます!

どちらのモデルも高品質で、家電芸人さんも推薦する理由が分かることでしょう。

ふるさと納税の返礼品として、ぜひ選択肢に入れてみてください。あなたのコーヒータイムがより特別で美味しいものになること間違いなしです。

アメトークでも絶賛!人気になる3つの秘密

ふるさと納税でツインバードのコーヒーメーカーが人気の理由は価格が安いわりに高機能だからです。

デロンギなどの海外メーカーに比べても圧倒的な安さですがとにかくおいしいコーヒーを入れることができると人気です。

人気の理由1 低速臼式フラットミル

人気の理由1 低速臼式フラットミル

豆を挽くところから始まる全自動コーヒーメーカーで一番大事なのはなんといってもミルの品質です。

コーヒー豆は高温で挽いてしまうと香りや風味が熱でダメージを受けてしまうのでおいしいコーヒーを入れることができません。

ツインバードの全自動コーヒーメーカーでは「低速臼式フラットミル」という摩擦熱を抑える仕組みだからコーヒー豆本来の香りを引き出してくれるからおいしいコーヒーを淹れることができます。

ミルの刃はさびにくいステンレス製なので耐久性も備えています。

豆の挽き方も他社製では2段階などが多い中、粗、中、細の3段階で調整できるのも自分好みのコーヒーを淹れられると人気の秘密です。

人気の理由2 プロのハンドドリップを再現

人気の理由2 プロのハンドドリップを再現

世界大会もあるコーヒーのハンドドリップですが、ただ単にお湯を注ぐだけではコーヒー本来のおいしさを引き出せません。

蒸らしからゆっくりとお湯を回しかける動作をコーヒーメーカーで再現することはなかなかむつかしいとされていましたが、6か所から内側に向かって注ぐシャワードリップでプロのハンドドリップの世界を再現しているからおいしいコーヒーに仕上がります。

しかも事前に杯数を設定すれば湯量に応じた3段階の蒸らし調整機能がついているので1杯単位でおいしいコーヒーを楽しめます。

もちろん湯の温度も83℃と90℃の2段階設定ができるので豆の挽き方で深煎りは低め、浅煎りは高めなど好みに応じて使い分けできます。

人気の秘密3 五感で感じるコーヒーの奥深さ

使った人を虜にしてしまうのがなんといっても五感で感じるコーヒーの奥深さです。

  • 豆を挽く音
  • 蒸らしで広がる香り
  • ガラスサーバーに滴るコーヒー
  • 下に広がるコーヒーアロマ

そのすべてを感じられるのがコーヒー好きにも支持されている人気の理由です。

ツインバードは受託製造もおこなうメーカーで実は「無印良品」のコーヒーメーカーもツインバード製なのです。

評判や口コミ評価

機能や性能を見てもダントツに人気の高いツインバードのコーヒーメーカーですが実際に使った人の口コミの高評価と低評価もしっかり確認してからふるさと納税に申し込みをしましょう。

良い評価と口コミ

  • アフターケアがしっかりしている
    使い始めて3年間は故障がなかったけどポンプ部分に不具合が。メーカーに連絡すると年末だったにもかかわらずすぐに修理の手配をしてくれた。
  • デザインがよい
    大人のデザインで直線になったデザインがかっこよい。
  • ミルが3段階なのが最高
    同じコーヒー豆でも違った挽き方を試せて違った味わいが楽しめるところが気に入っている。
  • ハンドドリップのうまさ
    コーヒー好きでハンドドリップをすることもあるけど出来具合にムラが出てしまうことも。ツインバードの全自動コーヒーメーカーなら失敗することもなくいつもおいしいコーヒーが楽しめます。

悪い評価と口コミ

  • 音がうるさい
    ミル付きの全自動コーヒーメーカーなので豆を挽くときの音が気になるという意見がありました。おいしい挽きたて豆のコーヒーを飲みたいという方にはおすすめですがそこまでこだわりがないという方は注意が必要です。
  • 水タンクの掃除がむつかしい
    水タンクは一体型なのでどうしても取り外してきれいに洗いたいという方にはしっくりこないところがあるようです。
  • 奥行が結構あって置き場所に困った
    細長スタイルですが実は奥行は結構あります。他社製品(シロカ)と比べると約6㎝ぐらいは奥行があるので事前に置き場所の候補は決めておきましょう。

定価から換算した還元率

ツインバードのコーヒーメーカーの還元率をメーカーでの定価から換算してみました。

  • 全自動コーヒーメーカー 6カップ(CM-D465B):40%
  • 全自動コーヒーメーカー 3カップ(CM-D457B):46%

還元率だけなら3杯用の返礼品のほうが高いですが、どちらを選んでも40%越えの高還元率の返礼品です。

還元率とは
返礼品がどれぐらいの価値があるか、お得であるかを計る基準になります。現在は上限30%という規定があるので、市場価格から30%を超えているものを高還元率としています。還元率の%が高いほど高還元率と言えます。
参考サイト
「メーカー公式ストア」の販売価格、「楽天市場最安値」、「価格.comの最安値」
送料と税金
最安値であっても送料が別途かかる場合は送料込みを市場価格としています。また税抜き表示の場合は税込みを市場価格としています。ふるさと納税は送料は無料、税金はかかりません。
計算方法
市場価格 ÷ 寄付金額 = %