ふるさと納税で貰える「VAIO SX14」の寄付金額や必要な年収を徹底解説!

ふるさと納税で貰える「VAIO SX14」の寄付金額や必要な年収を徹底解説!VAIO
この記事は約7分で読めます。

ふるさと納税で貰えるノートパソコンの「VAIO SX14」の気になるスペックなどレビューをまとめました。寄付金額が一番高い最高スペックのノートパソコンの評判や貰うために必要な年収など徹底解説します。

「VAIO SX14」の返礼品

D1600-1-10 VAIO SX14(オールブラック)
D1600-1-10 VAIO SX14(オールブラック)
寄付金額:1,600,000円
還元率:29%
自治体:長野県安曇野市
スペック

  • メーカー:VAIO
  • サイズ:14.0型
  • CPU:Core i7-1280P
  • メモリ:32GB
  • ストレージ:第四世代ハイスピードSSD 2TB(PCle NVMe 暗号化機能付き)
  • OfficeSoft:Office Home&Business 2021(個人向け)
  • 詳細:光学ドライブ:なし
掲載ページ

ふるなび公式ページ

ふるさと納税で貰える一番高いノートパソコンの「VAIO SX14」はなんと160万円の寄付金額が必要です。

貰えるふるさと納税サイトは「ふるなび」ですが貰う前にスペックや評判などしっかりチェックしておきましょう。

「VAIO SX14」のレビュー

ふるさと納税で貰える「VAIO SX14」はとにかく高いスペックでレビューでも高評価が出ています。

「VAIO SX14」のスペックを大公開

CPUの性能がとにかく高い

最新の「VAIO SX14」はCPUに「Core i7-1280P」を搭載したハイスペックモデルです。コア数は14コアと初代の4コアとくべると4倍以上、最大20スレッド対応可能は初代では8スレッドだったので段違いにスペックが高くなっています。

コア数14コアはP-core6とE-core8に分かれていて合計14コアとなっています。

しかもメモリは32GBとなっていることでさらにパワーアップしています。

このスペックではっきりと違いを感じるのは動画エンコードとほかの作業を一緒にするケースです。動画エンコードはE-Coreで行って、そのほかの作業はP-Coreで行うなど処理分担がされていることで同時に作業をしていることを感じさせないパフォーマンスを実感できます。

リモート会議の時でもこのスペックはフルに発揮されるので会議中にメールを返信したり、ほかの作業も同時進行したり軽快な動作環境が実現しています。

ストレージ性能が高い

ストレージ性能も高く第4世代の最新SSDを使っていることでファイルコピーなど読み出しや書き込みの性能がかなり高くなっています。

リモートワークに最高のカメラ機能

カメラの機能もかなり充実しているのが「VAIO SX14」の最新モデルの特徴です。

ざっと機能を紹介すると

  • 背景ぼかし
    自分以外の背景をぼかしてくれる機能
  • 自動フレーミング
    顔を基準にしてカメラに映る自分の大きさを自動で調節する機能
  • 顔優先AE
    顔の明るさが最適になるように露出(AE)を自動調節する機能
  • 逆光補正
    逆光環境で顔が暗くなるのを防ぐ機能
  • ちらつき低減
    顔の明るさ蛍光灯を使っている環境で発生する画面のちらつきを低減する機能

などざっと見ただけでリモート会議に必要な機能をカメラがしっかり補ってくれています。

マイク機能も格段に向上

リモート会議の時にカメラと同様に気になるのがマイクの性能です。

「VAIO SX14」ではマイクの機能も格段に向上していてその中で一番すごいのが「AIノイズキャンセリング機能」です。

「AIノイズキャンセリング機能」がすごい2つの理由
  • 自分の側でノイズキャンセル
    正面からする声だけを特定してそれ以外の場所から聞こえる音を除去する機能なので同時作業をしているときに気になるタイピングの音や食器や外の車の音などの生活環境音が相手に届くことを防ぐことができます。これは会社の中で雑音が気になる環境でもかなり力を発揮します。
  • 相手側もノイズキャンセル
    自分の側だけではなくスピーカーから出力される音もノイズキャンセルしてクリアにするのがすごいところ。相手側の環境音を除去してクリアで聞きやすい音声を届けてくれます。

つまり「VAIO SX14」は同時にいろいろな作業をするマルチタスクを課せられるビジネスマンにとって快適な動作環境を約束してくれるハイスペックノートパソコンということです。

「VAIO SX14」の評判は?

とにかく高い評判の「VAIO SX14」のユーザーからの評判をまとめてみました。

  • 持ち歩きでの使用に十分なスペックとデザイン
    大きさ、スペック、持ち歩きで使うなら「VAIO SX14」という意見がかなり多くあります。
  • 8Kモニターは譲れない
    ノートパソコンで重要視している解像度は絶対譲れないポイント。8Kモニター搭載の「VAIO SX14」1択です。
  • デザインが良い
    やっぱりVAIOのデザインは他のノートパソコンと比べると高級感が違うという意見も多くありました。

ノートパソコンの分野で「VAIO」というブランドが力があるので評判はかなり良い結果でした。なんといってもスペックが高いので動作環境に不満が出ることはないことも影響していると思います。

必要な年収は?

ふるさと納税の中では最高値となる「VAIO SX14」ですが寄付金額はなんと160万円となっています。

160万円の寄付金額が限度額になるのはどれぐらいの年収が必要なのでしょうか?

ざっと計算してみると年収4400万円を超えている人であれば162万円ぐらいの限度額になりました。

「VAIO SX14」の返礼品と還元率一覧

「VAIO SX14」はスペック違いで2機種の中から選んでふるさと納税で貰うことができます。

D1600-1-10 VAIO SX14(オールブラック)

D1600-1-10 VAIO SX14(オールブラック)
D1600-1-10 VAIO SX14(オールブラック)
寄付金額:1,600,000円
還元率:29%
自治体:長野県安曇野市
スペック

  • メーカー:VAIO
  • サイズ:14.0型
  • CPU:Core i7-1280P
  • メモリ:32GB
  • ストレージ:第四世代ハイスピードSSD 2TB(PCle NVMe 暗号化機能付き)
  • OfficeSoft:Office Home&Business 2021(個人向け)
  • 詳細:光学ドライブ:なし
掲載ページ

ふるなび公式ページ

最高スペックの「VAIO SX14」の返礼品となります。

D1000-1-8 VAIO SX14(ファインブラック)

D1000-1-8 VAIO SX14(ファインブラック)
D1000-1-8 VAIO SX14(ファインブラック)
寄付金額:1,000,000円
還元率:33%
自治体:長野県安曇野市
スペック

  • メーカー:VAIO
  • サイズ:14.0型
  • CPU:Core i7-1260P
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:第四世代ハイスピードSSD 1TB(PCle NVMe 暗号化機能付き)
  • OfficeSoft:Office Home&Business 2021(個人向け)
  • 詳細:光学ドライブ:なし
掲載ページ

ふるなび公式ページ

最高スペックの「VAIO SX14」から少しスペックが落ちる機種になります。

スペックの違い

最高スペックの「VAIO SX14」とのスペックの違いは大きく3つあります。

  • CPUが上位モデルの「Core i7-1280P」から「Core i7-1260P」へダウングレード
  • メモリが32GBから16GBへダウングレード
  • ストレージが2TBから1TBへダウングレード

これで60万近く寄付金額が違うことも驚きますがここはやはり最高スペックの「VAIO SX14」が欲しくうなりますね。

ふるさと納税で貰える「VAIO SX14」はいかがだったでしょうか?

今年は半導体不足で電化製品やパソコン返礼品が品薄となっていますので気になる方は早めの申し込みをお勧めします。

ボタンクリックで
公式サイトで検索結果がすぐ分かる!
VAIOパソコン返礼品こちら>>>

ふるなび
ふるなび検索結果

さとふる
さとふる検索結果

楽天ふるさと納税
楽天ふるさと納税検索結果

タイトルとURLをコピーしました