PR

ふるさと納税にあったらうれしい地下型 防災シェルターの返礼品 栃木県矢板市

防災関連返礼品
この記事は約12分で読めます。

矢板市、四季折々の美しい自然と伝統に彩られた地域で、今、新たなる未来への一歩が踏み出されています。ふるさと納税の返礼品として、想像を超えた安心と防災の提案が矢板市に生まれました。その名も、「地下型防災シェルター」。

矢板市は、豊かな自然に囲まれ、温かな地域社会が築かれています。しかしながら、自然災害の影響を考えると、我々はいつでも備えをしておく必要があります。そこで、矢板市が提案するのは、地下に佇む安心の拠点、防災シェルターです。

このシェルターは、ふるさと納税を通じて矢板市への支援として選択できる返礼品として登場しました。四季折々の風景が彩るこの地で、地下に広がる安全な空間は、まさに未来への備えとなるでしょう。心地よい風と緑に囲まれた日常から、万が一の災害に備える地下の安全な場所へ―。これは、ふるさと納税を通じて、安心の未来を築く一石となることでしょう。

矢板市の新しい試みに注目が集まる中、地元の魅力を感じながら安心を手に入れる―。これこそが、ふるさと納税が提供する新しい価値であり、矢板市ならではの魅力です。地下型防災シェルターが、ふるさと納税の選択肢として登場することで、未来への期待がより一層膨らむことでしょう。

ふるさと納税で貰える防災シェルターとは?

地下防災シェルター返礼品一覧
地下防災シェルター返礼品一覧
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

日本全国で愛され、地域への支援と交流を促進する「ふるさと納税」。その魅力は、美味しい地元の特産品や風土豊かな文化体験だけでなく、最近ではまったく新たな形の返礼品が登場しています。その一つが、「防災シェルター」。一体、ふるさと納税で手に入るこの謎めいたシェルターは何なのでしょうか?

選ばれた自治体の一つ、栃木県矢板市では、防災の観点から独自のアイディアを形にし、ふるさと納税の返礼品として提供しています。これはまさに、未来を見据えた新しい安心への招待状。しかし、防災シェルターとは具体的にどのようなものなのか、その謎めいた存在に迫るべく、探索の旅に出かけましょう。

防災シェルターまでふるさと納税に出ていた

提供されている「シェルター」一覧

画像 返礼品名 種類
防災シェルター 地下型 基本タイプ
防災シェルター 地下型 基本タイプ
(株式会社 未来を創る)

提供:ふるなび
寄付金額:100,000,000円
シェルター
防災シェルター 地上型 基本タイプ
防災シェルター 地上型 基本タイプ
(株式会社 未来を創る)

提供:ふるなび
寄付金額:60,000,000円
シェルター
防災シェルター 地上型 エコノミータイプ
防災シェルター 地上型 エコノミータイプ
(株式会社 未来を創る)

提供:ふるなび
寄付金額:25,000,000円
シェルター

「ふるさと納税」、その名前だけで心が躍る方も多いことでしょう。美味しい特産品や地元の魅力的な体験が返礼品として贈られることが一般的ですが、最近ではなんと、未来の安心を手に入れる新たな選択肢が登場しています。その名も、「防災シェルター」。では、ふるさと納税で手に入るこの防災シェルターとは、一体どのような存在なのでしょうか?

驚くべきことに、提供されているシェルターは全部で3種類あり、その中には地下室になっている本格的なものも含まれています。これはまさに、防災の新たなる次元への挑戦。今回は、その3つの異なる顔を解き明かし、ふるさと納税を通じて手に入れることのできる、安心への扉を開けてみましょう。

未来への一歩をふるさと納税で – 株式会社 未来を創るの魅力

ふるさと納税で何か新しい未来への一歩を踏み出したいと考えている方に、ぜひ注目してほしい企業があります。その名も、「株式会社 未来を創る」。初めて聞く名前に、私も興味津々でホームページを訪れてみました。

てっきり防災関連の商品を扱っているのかと思いきや、意外なことに「株式会社 未来を創る」は、栃木県矢板市を拠点に、多岐にわたる業務を展開している企業なのです。そこには、未来を築くためのさまざまなアイディアと挑戦が詰まっています。

地元矢板市の魅力を最大限に引き出し、未来に続く新たなストーリーを紡ぎだす「株式会社 未来を創る」。彼らのふるさと納税の提案は、単なる商品だけでなく、地域への愛と未来への投資が詰まった特別なものです。

防災の観点からも、彼らの取り組みは見逃せません。詳細な情報を探ると、驚くべきことに、防災シェルターもその一環として提供されていることがわかりました。そして、これは単なる安全対策だけでなく、未来への希望を象徴しているようです。

ふるさと納税で、未来を築く一歩を踏み出すなら、ぜひ「株式会社 未来を創る」の魅力に触れてみてください。地域への愛情と新しい未来への期待が、あなたの選択と共に育まれていくことでしょう。

未来を築く安心 – 「株式会社 未来を創る」のシェルターが持つ驚くべき機能

ふるさと納税を通じて手に入る返礼品には、時に未知の世界が広がっていることがあります。今回注目したのは、「株式会社 未来を創る」が提供する防災シェルター。しかしこのシェルターの機能については、公式ウェブサイトを探ってもなかなか詳細が明示されていませんでした。

一体、このシェルターにはどのような機能が搭載されているのでしょうか?実は、シェルターは単独での設置だけでなく、新築やリフォームの際に居住エリアと一体化した設計や工事も行っているようです。これはまさに、日常の一部として馴染み、いざという時には頼りになる存在となるでしょう。

「株式会社 未来を創る」の防災シェルターは、普段は普通の部屋として利用できる優れた工夫が施されています。これにより、災害時にはスムーズな避難が可能となるばかりでなく、日々の生活においても特に支障をきたさずに利用できるのです。

さらに、シェルターには特殊な空気ろ過装置が搭載されており、これはオプションで追加することもできます。なんと、その性能はウイルスまで除去できる本格的なもので、なんと「イスラエル」製という信頼性抜群の高性能装置。全世界で使われているだけあって、その効果は確かなものです。

「株式会社 未来を創る」の防災シェルターは、安心と利便性を両立させた新しい時代の防災設備の典型と言えるでしょう。ふるさと納税で手に入れるなら、未来に対する備えを兼ね備えたこのシェルターがおすすめです。

未知の災害から身を守る – 「株式会社 未来を創る」のシェルターが持つ広範な安全対策

ふるさと納税で手に入る返礼品の中には、未知の未来に備える一石となるものが存在します。「株式会社 未来を創る」が提供する防災シェルターもその中でも注目のアイテム。しかし、このシェルターは一体どのような災害から身を守ってくれるのでしょうか?

一般仕様と特別仕様によって扉の種類が変えられ、それによってどんな災害から守れるかが変わるとのこと。これはまさに、ユーザーのニーズや状況に合わせたカスタマイズが可能な設計がなされていることを示唆しています。

地下型の場合、外部は防水になっており、更には耐爆や耐圧の特別な仕様が採用されています。これにより、水害が発生してもシェルター内で安全に避難できるような環境が整備されています。

また、災害に備えての心強いオプションも用意されています。例えば、特殊な空気ろ過装置の追加は、ウイルスまで含む様々な有害物質からも守ってくれます。これは「イスラエル」製という高い信頼性を誇る製品で、世界中で使用されている実績があるため、安心感が増します。

「株式会社 未来を創る」の防災シェルターは、その進化した仕様により、地域の防災の要望に応えつつ、一般の方々にも手軽に利用していただけるような設計がなされています。未知の災害から身を守りたい方にとって、ふるさと納税で手に入るこのシェルターは、まさに頼りになる味方と言えるでしょう。

未来の安心を手に入れる – 「株式会社 未来を創る」の防災シェルターをふるさと納税で申し込む手順

未知なる災害から身を守る「株式会社 未来を創る」の防災シェルター。この魅力的なアイテムを手に入れるには、どのような手続きが必要なのでしょうか?ご安心ください。ここでは、ふるさと納税を通じて申し込む手順を分かりやすくご紹介いたします。

【お申込みの流れ】

  • 事前に確認と問い合わせ
    まず、作業が可能な場所かどうかの確認が必要です。上記の連絡先にお問い合わせをすることで、あなたの居住地や希望する設置場所について詳しく知ることができます。事前にしっかりと調査を行い、あなたに最適なシェルターの仕様を把握しましょう。
  • 本サイトからのお申込み
    問い合わせが完了し、作業が可能であることが確認されたら、本サイトから寄附のお申込みを行います。わかりやすいフォームを用意しているため、スムーズに手続きが進むことでしょう。
  • ご入金確認後、打ち合わせのご連絡
    ご寄附が確認されましたら、作業日や仕様の打ち合わせなどのため、迅速にご連絡差し上げます。この打ち合わせで、あなたの要望やニーズに合わせた最適なシェルターの設計が行われます。

「株式会社 未来を創る」では、事前に行う地盤調査によって、設置が難しい場合もあるかもしれません。しかし、この事前の調査と打ち合わせを通じて、あなたの安全と快適な未来に繋がる最良の選択ができることでしょう。

未来を築くための第一歩は、ふるさと納税を通じて、「株式会社 未来を創る」の防災シェルターを手に入れることから始まります。安心と共に、あなたの未来への投資をお考えの方は、ぜひこの手順に従ってお申込みください。

未来への備え、贈り物としての安心 – 地下型防災シェルターがふるさと納税のおすすめ返礼品

防災シェルター 地下型 基本タイプ 地下1階 19.8平方メートル (6坪) 以内
防災シェルター 地下型 基本タイプ 地下1階 19.8平方メートル (6坪) 以内
寄付金額:100,000,000円
自治体:栃木県矢板市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

ふるさと納税の魅力は、地元の美味や文化体験だけでなく、未来への備えとして活用できる返礼品があることです。今回ご紹介するのは、「株式会社 未来を創る」の地下型防災シェルター。これはまさに、安心と未来への投資が共に叶う、おすすめのふるさと納税返礼品です。

  • 構造と規模
    鉄筋コンクリート造の堅牢な構造で、地下1階に19.8平方メートル(6坪)以内の広さがあります。シェルターの大きさは収容人数に応じて対応しており、安全かつ快適な空間が確保されています。
  • 仕上げ
    外部は防水加工済みで、内部は床にはフローリングを使用し、壁と天井には壁紙または珪藻土塗りが施されています。これにより、普段の生活空間としても過ごしやすく、災害時には安心して避難できる快適な環境を提供します。
  • 建具
    一般仕様ではスチールドア・避難口ドアが採用されていますが、耐爆ドア・耐圧ドア仕様もオプションで用意されています。これにより、ますます堅牢な安全性が期待できます。
  • 設備
    特殊空気ろ過機、照明、蓄電池等の非常電源設備が完備されています。特に特筆すべきは、Beth-el社(イスラエル)製の特殊空気ろ過装置。これは世界的リーダーが手掛ける製品で、あらゆる種類のウイルスおよび細菌をろ過する能力を持っています。新型コロナウイルス、SARS、MARS、結核、炭疽菌、エボラなどにも対応。安心と信頼の技術が、このシェルターをより魅力的なものにしています。

地元への愛と未来への備えをひとつにした「株式会社 未来を創る」の防災シェルター。ふるさと納税で手に入れることで、贈り物としても、自分自身への未来への投資としても、きっと満足いくものとなることでしょう。安心と快適な未来のため、ぜひこの防災シェルターをお考えください。

防災シェルター 地下型 基本タイプ 地上1階 19.8平方メートル (6坪) 以内
防災シェルター 地下型 基本タイプ 地上1階 19.8平方メートル (6坪) 以内
寄付金額:60,000,000円
自治体:栃木県矢板市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

防災シェルター 地上型 エコノミータイプ 地上1階 9.9平方メートル (3坪) 以内
防災シェルター 地上型 エコノミータイプ 地上1階 9.9平方メートル (3坪) 以内
寄付金額:25,000,000円
自治体:栃木県矢板市
掲載ページ

ふるなび公式ページ

津波 水害用 避難カプセル 「たすかプセル」 防災 防災用品 防災グッズ 非常時 安全 命を守る 完全受注生産

津波 水害用 避難カプセル 「たすかプセル」
津波 水害用 避難カプセル 「たすかプセル」
寄付金額:11,000,000円
自治体:和歌山県由良町
掲載ページ

ふるなび公式ページ

ふるさと納税を通じて、私たちは地元の魅力を感じながら同時に未来への備えを進めることができます。今回ご紹介するのは、「たすかプセル」。津波や水害に強く、さらには火災や衝撃からも守る、鋼製の避難カプセルです。その魅力をご紹介します。

  • 特長
    「たすかプセル」は鋼製で作られており、水に浮く特性を備えています。これにより、津波や水害が発生した際にも、安全な高台への避難が可能です。また、火災や衝撃にも強い設計となっており、移動が困難な状況や避難時間が限られた時にも、大切な財産や資産の保管庫として活用できます。
  • 使い方の提案
    この避難カプセルは、移動が難しい方や避難時間が限られている状況で大いに活躍します。例えば、高齢者や身体的に不自由な方、避難所までの距離が遠く避難が難しい地域にお住まいの方々にとっては、非常に有用な備えとなります。また、大切な書類や貴重品、大切な記念品を保管するための「財産の保管庫」としても利用できます。
  • ふるさと納税での申し込み手順
    ふるさと納税で「たすかプセル」を手に入れるためには、まずは寄付先の自治体にお問い合わせして詳細を確認しましょう。その後、ふるさと納税サイトから寄付の手続きを行い、ご希望の金額を寄付することで、「たすかプセル」が贈られてくる仕組みです。手続きはシンプルで迅速、未来への備えが一歩できることでしょう。

「たすかプセル」は未来への備えとして、ふるさと納税の新しいおすすめ返礼品となっています。安心と便利さを兼ね備えたこの避難カプセルを手に入れ、未来の安全をしっかりとサポートしましょう。

津波 水害用 避難カプセル 「たすかプセル」 防災 防災用品 防災グッズ 非常時 安全 命を守る 完全受注生産

水害時に中に入って避難するためのカプセル型の舟のようなものです。こちらもメーカーのサイトを調べてみました。

調べてみてわかったのですが大雨などの水害時や津波の時のための避難カプセルとなっていますが、まずは迅速な避難が大事だなと考えさせられました。

「たすかプセル」の強さ、津波や水害に果たす役割とは?

津波や水害の脅威に備え、安全な避難手段が求められる中、「たすかプセル」が注目を集めています。このカプセル型の避難装置は、鋼鉄製の強固な構造で、水害時に中に入って避難するための備えとして利用されています。今回は、「たすかプセル」の特徴とその性能について探ります。

  • 仕様と特徴
    「たすかプセル」は、秒速15mで障害物に衝突しても破損しないように作られています。鋼鉄製の堅牢な構造は、火災や衝撃にも耐え、避難が難しい状況においても頼りになります。耐火性も備えており、避難カプセル内での安全性を高めています。
  • 津波への対応
    津波は高い速度で押し寄せ、その威力は計り知れません。しかし、「たすかプセル」は秒速15mの速さで障害物に衝突しても破損しないという特性を持っています。津波が発生した場合、高い速度で運動する津波に対しても安全に耐え、避難の手段として一役買います。
  • 耐火性と避難の最終手段
    耐火性を持つ「たすかプセル」は、火災が同時に発生する津波の際にも頼りになります。しかし、火災が周囲を包囲した場合の内部温度や耐久時間についての詳細は不明瞭な点もあります。購入を考える際には、この点について十分な確認が必要です。
  • 迅速な避難と「たすかプセル」
    水害や津波において迅速な避難が不可欠です。しかし、「たすかプセル」は避難までの時間がない急な状況において、最後の手段として機能します。その堅牢な構造と高速な移動力で、避難の難しい状況でも最大限の安全性を提供します。

「たすかプセル」は津波や水害に対する最終手段として、迅速な避難を可能にする頼りになる装置です。しかし、購入前には詳細な仕様と使用条件を確認し、安全性を確保した上で備えとして考えることが重要です。