ふるさと納税で貰えるツェルト特集!安全な登山にも持っておけば便利なアイテム

ふるさと納税で貰えるツェルト特集!安全な登山にも持っておけば便利なアイテムテント・タープ
この記事は約4分で読めます。

ふるさと納税で貰えるアウトドアグッズの中でも影が薄いのが「ツェルト」です。

登山をやる人は万が一のビバーク(宿泊)のために携行している人も多い「ツェルト」を今回は徹底解説します。

登山にも防災グッズとしても使えるツェルト

ふるさと納税でツェルトは2つしか提供されていません。登山をやる方の中でも普段は持って行かないよという人も多くアウトドアグッズの中でも影が薄いのですが、目からうろこの防災時の使い方もあるので一度はチェックしてもらいたい登山グッズです。

ふるさと納税で貰えるツェルト

ふるさと納税で貰える「ツェルト」は2022年3月の時点でサイズの違う2つしか確認できていません。

提供しているのは日本を代表するとアウトドアグッズメーカーの「oxtos(オクトス)」で登山用アイテムも数多く販売しています。

「oxtos(オクトス)」の「ツェルト」の特徴とメリット

  • 引裂強度が高い
    マイクロリップストップナイロンを採用しているので引裂強度が高いので破れにくい構造をしています。
  • 出入口のファスナーが上下に開けられる
    出入口は前後に2つあります。出入口のファスナーは上下どちらでも開くようになっているので上を少しだけ開けて換気をするといった使い方もできます。
  • 結露が生じにくい
    耐水圧は1000mmに下げて透湿性能を8000g/m3/24hにした結露が生じにくい素材を採用しています。

oxtos UL透湿防水タフツェルト レギュラー

oxtos UL透湿防水タフツェルト レギュラー
oxtos UL透湿防水タフツェルト レギュラー
寄付金額:65,000円
還元率:29%
自治体:石川県羽咋市
紹介文
コンパクトかつ軽量に設計された1~2人用ビバーグツェルト
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

レギュラーサイズの「ツェルト」で1~2人用のタイプになります。ポール、ストック、ロープは付いていないので別途用意する必要があります。

サイズは「間口100cm×奥行200cm×高さ100cm」と比較的広めですが、収納時のサイズは「直径10cm×高さ18.5cm」とコンパクトにリュックに詰められるサイズまで小さくなります。

oxtos UL透湿防水タフツェルト ロング

oxtos UL透湿防水タフツェルト ロング
oxtos UL透湿防水タフツェルト ロング
寄付金額:70,000円
還元率:25%
自治体:石川県羽咋市
紹介文
コンパクトかつ軽量に設計されたビバーグツェルト
掲載ページ

ふるなび公式ページ

さとふる公式ページ

楽天ふるさと納税公式

2022年3月の時点で「ふるなび」ではなぜか87,000円と高めの設定がされている返礼品です。「さとふる」と「楽天ふるさと納税」では70,000円なのでそちらを選んだほうがお得です。

レギュラーサイズとの違いは奥行が220cmと長くなっていることですが、収納時のサイズは「直径10cm×高さ20.5cm」と2㎝しか変わらないので体の大きな人はこちらを選んだほうが良いかもしれません。

ツェルトとは

登山をしている人の中にも「ツェルト」と聞いても知らない人もいるかもしれないぐらい影が薄いアイテムですが、実は重要な登山グッズの一つです。

「ツェルト」とは登山用の簡易テントのことを言います。

一般的なキャンプ用テントと違うのは緊急用のテントなので居住性はよくありません。

居住性はよくありませんが、リュックに入れて持ち運べる超コンパクトな簡易テントです。

最近ではツアーでトレッキング中に天候の急変で遭難するといったニュースもあるので「ツェルト」はトレッキングや登山では入れておいた方がよいアウトドアグッズです。

「ツェルト」を使うケースとは?

キャンプ用テントと違って緊急用テントの「ツェルト」を使わなければいけなくなるような場面をまとめてみました。

  • 雨や雪が降り始めた時
    天気が変わりやすい山では突然の雨や雪に遭遇することもあります。雨に濡れると体が一気に冷え込むので雨を避けるために「ツェルト」を使って避難場所を確保します。
  • 道に迷って遭難したとき
    道に迷って予定通りに下山が進まない時は焦らずに「ツェルト」を使って避難場所を確保します。特に暗くなってから動き回ると足を滑らせて滑落したりと危険が伴います。明るくなるのを「ツェルト」の中で待ってから下山を開始します。
  • ケガや体調不良で動けなくなったとき
    体調が急に悪くなったり怪我をして満足に動けなくなったときは「ツェルト」で休憩場所を確保して救助を呼びます。「ツェルト」があれば横になったり日差しや雨風をしのぎながら救助を待つことができます。
  • 防災時の簡易テントとして
    地震などの災害時に家などが倒壊の危険がある場合にとりあえずの避難場所として「ツェルト」を使うことが出来ます。

登山やトレッキングをする人には是非持っておいて欲しい「ツェルト」はふるさと納税の返礼品はまだまだ少ないですが探せばあるので興味がある人は是非確認してみてください。

 

タイトルとURLをコピーしました