PR

ふるさと納税ワンストップ特例制度の全て:手続きから確定申告までの簡単ガイド

この記事は約16分で読めます。

ふるさと納税とは、自分の好きな自治体に寄付をして、その地域の発展を支援するとともに、税金の控除を受けられる制度です。この制度を利用することで、日本全国の様々な地域を支援し、その地域独自の返礼品を受け取ることができます。しかし、多くの人が利用する中で、確定申告の手続きの煩雑さが問題となっていました。

そこで登場するのが「ワンストップ特例制度」です。この制度を利用することで、確定申告を行わなくてもふるさと納税による税額控除を受けることが可能になります。ただし、この便利な制度を利用するには、あらかじめ特定の手続きを完了させる必要があります。

本記事では、ふるさと納税の基本的な仕組みからワンストップ特例制度の利用方法、確定申告との違いまでをわかりやすく解説します。また、ワンストップ特例制度の申請方法やよくある質問についても詳しくご紹介していきます。ふるさと納税をより便利に、そして賢く利用するための情報をお届けするため、ぜひ最後までご覧ください。

  1. ふるさと納税とは?ワンストップ特例制度の基本を理解しよう
    1. ふるさと納税の仕組みとは?寄付から控除までの流れ
    2. ワンストップ特例制度とは何か?誰がどのように利用できるのか
    3. 確定申告との違い:どちらを選べば良いのか
    4. ふるさと納税の仕組みとは?寄付から控除までの流れ
    5. ワンストップ特例制度とは何か?誰がどのように利用できるのか
    6. 5自治体ルールの意味と目的
    7. 確定申告との違い:どちらを選べば良いのか
  2. ワンストップ特例制度のメリットとデメリット
    1. 特例制度を利用するメリット
    2. 特例制度のデメリットと注意点
  3. ワンストップ特例制度の申請ステップバイステップ
    1. 何を、いつまでに準備すればいい?
    2. ワンストップ特例制度の申請方法を解説
    3. ワンストップ申請書の書き方徹底解説
    4. ワンストップ特例制度申請の流れ
    5. ワンストップ特例制度の申請書の書き方
    6. 身分証明書の種類とは?
  4. ふるさと納税ワンストップ特例制度のオンライン申請ガイド
    1. ふるなび:スマホで簡単オンライン申請
    2. さとふる:アプリで完結する申請プロセス
    3. 楽天ふるさと納税:公的個人認証アプリでオンライン申請
    4. 郵送での申請方法:書類の正しい送り方
  5. 5自治体ルールを理解して賢く寄付する方法
    1. 5自治体超の寄付をした場合の手続き
    2. 確定申告が必要になるケース
    3. 事前の計画の重要性
    4. ワンストップ特例制度は5箇所までか
    5. 6自治体以上寄付した場合の影響
    6. ワンストップ申請後の寄付追加について
  6. ワンストップ特例制度に関するよくある質問
    1. Q: マイナンバーカードは必須でしょうか?
    2. Q: 申請の締切はいつですか?
    3. Q: うっかり申請を忘れた場合はどうなりますか?
    4. Q:ワンストップ特例制度は5箇所までか
    5. Q:6自治体以上寄付した場合の影響
    6. Q:ワンストップ申請後の寄付追加について
  7. ふるさと納税で得するための最終チェックリスト
    1. 返礼品の選び方:人気の返礼品ランキング
    2. 確定申告とワンストップ特例制度の賢い使い分け
    3. 申請忘れを防ぐためのリマインダー設定方法
  8. ワンストップ特例制度まとめ

ふるさと納税とは?ワンストップ特例制度の基本を理解しよう

ふるさと納税とは?ワンストップ特例制度の基本を理解しよう

ふるさと納税の仕組みとは?寄付から控除までの流れ

ふるさと納税は、自分が支援したい自治体に寄付をすることで、その自治体から地域特産品などの返礼品を受け取れるシステムです。寄付した金額に応じて、所得税と住民税が控除されるため、実質的には少額の自己負担で地域貢献が可能になります。寄付をすると、その年の税金から控除される仕組みになっていますが、控除を受けるには確定申告が必要です。ただし、ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告を行わなくても控除を受けられるようになります。

ワンストップ特例制度とは何か?誰がどのように利用できるのか

ワンストップ特例制度は、ふるさと納税をした際の税額控除をより簡単に受けられるようにするための制度です。この制度を利用することで、寄付者は確定申告を行うことなく所得税と住民税からの控除を受けることができます。利用条件としては、1年間で5自治体までの寄付に限られ、寄付後に必要な申請書類を提出する必要があります。この制度は、特に確定申告が不要なサラリーマンや年金受給者などにとって大きなメリットがあります。

確定申告との違い:どちらを選べば良いのか

ふるさと納税で寄付をした場合、通常は確定申告を行うことで税額控除を受けますが、ワンストップ特例制度を利用することでその手続きを省略できます。選択するべきかは、寄付の件数や自分の所得状況、さらには他の税制控除(医療費控除など)を利用するかどうかによって変わります。5自治体以下であればワンストップ特例制度が便利ですが、それ以上の場合や他の控除を多用する場合は確定申告を選んだ方が良いでしょう。

続いて、ワンストップ特例制度の申請方法について詳しく解説していきますので、ふるさと納税をより深く理解し、賢く利用していきましょう。

ふるさと納税の仕組みとは?寄付から控除までの流れ

ふるさと納税は、自分が支援したい自治体に寄付をすることで、その自治体から地域特産品などの返礼品を受け取れるシステムです。寄付した金額に応じて、所得税と住民税が控除されるため、実質的には少額の自己負担で地域貢献が可能になります。寄付をすると、その年の税金から控除される仕組みになっていますが、控除を受けるには確定申告が必要です。ただし、ワンストップ特例制度を利用することで、確定申告を行わなくても控除を受けられるようになります。

ワンストップ特例制度とは何か?誰がどのように利用できるのか

ワンストップ特例制度は、ふるさと納税をした際の税額控除をより簡単に受けられるようにするための制度です。この制度を利用することで、寄付者は確定申告を行うことなく所得税と住民税からの控除を受けることができます。利用条件としては、1年間で5自治体までの寄付に限られ、寄付後に必要な申請書類を提出する必要があります。この制度は、特に確定申告が不要なサラリーマンや年金受給者などにとって大きなメリットがあります。

5自治体ルールの意味と目的

ワンストップ特例制度には、「1年間に寄付できる自治体の数は最大5つまで」というルールが設けられています。このルールの主な目的は、制度の運用を簡素化し、行政の負担を軽減することにあります。寄付者が多数の自治体に分散して寄付を行うと、それぞれの自治体での処理負担が増大し、制度全体の効率が低下する恐れがあるためです。

確定申告との違い:どちらを選べば良いのか

ふるさと納税で寄付をした場合、通常は確定申告を行うことで税額控除を受けますが、ワンストップ特例制度を利用することでその手続きを省略できます。選択するべきかは、寄付の件数や自分の所得状況、さらには他の税制控除(医療費控除など)を利用するかどうかによって変わります。5自治体以下であればワンストップ特例制度が便利ですが、それ以上の場合や他の控除を多用する場合は確定申告を選んだ方が良いでしょう。

ワンストップ特例制度のメリットとデメリット

特例制度を利用するメリット

ワンストップ特例制度の最大のメリットは、確定申告を行わずに所得税と住民税からの税額控除を受けられる点にあります。これにより、手続きの簡略化と時間の節約が実現し、より多くの人々がふるさと納税を利用しやすくなっています。また、5自治体までという制限があるものの、複数の自治体に寄付を分散して地域支援を行うことが可能です。

特例制度のデメリットと注意点

一方で、ワンストップ特例制度にはいくつかのデメリットも存在します。最も顕著なのは、1年間に5自治体までという寄付の上限が設定されていることです。これにより、より多くの自治体を支援したい寄付者は、確定申告を行う必要があります。また、特例制度の申請には期限があり、期限を過ぎてしまうと特例の適用を受けられないため、注意が必要です。

ワンストップ特例制度の申請ステップバイステップ

ワンストップ特例制度の申請ステップバイステップ

何を、いつまでに準備すればいい?

ワンストップ特例制度を利用するためには、寄付先の自治体から提供される「ワンストップ特例申請書」の提出が必要です。この申請書には、寄付者の基本情報、マイナンバー情報、寄付した自治体の情報を記入します。また、身分証明としてマイナンバーカードのコピー(または通知カードと運転免許証などの組み合わせ)も必要です。提出期限は、寄付を行った翌年の1月10日までですが、自治体によってはそれより早い場合もあるので注意が必要です。

ワンストップ特例制度の申請方法を解説

ワンストップ特例制度の申請方法はふるさと納税サイトから返礼品を申し込んでいればとても簡単です。

ほとんどすべてのふるさと納税サイトで申し込みの時にワンストップ特例制度を利用するというチェック項目があるので申し込んで決済を終えると寄附受領証明書と一緒にワンストップの申請書が
自治体から送られてきます。

送られてきた申請書に必要事項を記入して封筒に入れて返信すれば終了です。

ワンストップ特例制度の流れ
  • STEP1
    ふるさと納税サイトで返礼品を申し込む
  • STEP2
    ふるさと納税をした自治体から申請書が届く
  • STEP3
    ふるさと納税をした自治体へワンストップ申請書を送付
  • STEP4
    申請書を送付した自治体からメールで申請完了の報告が届く
  • STEP4
    ふるさと納税をした翌年6月~翌々年5月まで住民税が控除される

ワンストップ申請書の書き方徹底解説

自治体からくる申請書は必要事項がすでに記載されて送付されてくることが多いです。

年末で自治体から送られてくるのを待っていられないという人は総務省のページやふるさと納税サイトのマイページから未記入の申請書をダウンロードして自治体へ送りましょう!

ワンストップ特例制度申請の流れ

ワンストップ特例制度申請の流れ
  • STEP1
    自治体から送られた来るかダウンロードした申請書を用意
  • STEP2
    申請書へ例を見ながら記入
  • STEP3
    本人確認書類を用意
  • STEP4
    申請書と本人確認書類を入れて自治体へ郵送

ワンストップ特例制度の申請書の書き方

まずはダウンロードして印刷した申請書を確認してみて下さい。

ワンストップ特例制度申請書

記入箇所は全部で4つありますので一つずつ例を青字で埋めて説明していきます。

Step1

ワンストップ特例制度申請書完全版①

北海道旭川市長殿としているところはふるさと納税をした首長宛です。日付は提出日なので寄付した日付ではなく記入した日付を記載します。

Step2

ワンストップ特例制度申請書完全版②

寄付した日付と寄付金額を記入する箇所です。寄付した日付は決済完了後の日付です!ふるさと納税サイトの会員サイトから確認しながら間違えないように記入しましょう。

Step3

ワンストップ特例制度申請書完全版③④

忘れずに必ず2か所をチェックしてください。ワンストップ特例制度が適用される人ですと宣言する内容です。

以上で申請書の記入は終了です。とっても簡単ですよね。

身分証明書の種類とは?

ワンストップ特例制度で使われる本人確認書類は3パターンあります。

マイナンバーカードのみ

一番シンプルなパターンです。

マイナンバーカードの表と裏をコピーして用意します。

マイナポイントなど特典も多いのでまだ用意してない方はこれを機会に作りましょう!

マイナンバーカードがない場合⓵

2つの書類の組み合わせになります。

  1. マイナンバーカードの通知カード(コピー)
    もしくは
    マイナンバーの入った住民票
  2. 運転免許証
    もしくは
    パスポートのコピー

マイナンバーカードがない場合②

運転免許証やパスポートがない場合の対応です。

  1. マイナンバーカードの通知カード(コピー)
    もしくは
    マイナンバーの入った住民票
  2. 健康保険証
    もしくは
    年金手帳
    もしくは
    一部自治体では上記2つ以外も可。問い合わせ要

ワンストップ特例制度の申請書の送付

申請書と必要書類が用意出来たら封筒に入れて自治体へ郵送します。

郵送先の自治体の住所が分からないという方はふるさとチョイスやさとるふで簡単に調べられるページが用意してあります。

さとふる郵送先住所検索

切手代は定形郵便であれば大体100円以内です。

時間に余裕があれば自治体から送られてくる申請書を待った方が良いかもしれません。

自治体から送られてくる寄付金受領証と一緒に申請書と返信用の封筒や切手代が含まれた「料金受取人払」の封筒を同封してくれる親切な自治体もあります。

ふるさと納税ワンストップ特例制度のオンライン申請ガイド

ふるさと納税ワンストップ特例制度のオンライン申請ガイド

多くの自治体では、オンラインでワンストップ特例制度の申請が可能です。これには、自治体のふるさと納税ポータルサイトからログインし、必要情報を入力してマイナンバーカードなどの書類をアップロードすることが含まれます。デジタル手続きは、郵送よりも迅速に処理が可能で、申請書類の紛失リスクも低減できるため、利用が推奨されています。

ふるさと納税をするとき、ワンストップ特例制度のオンライン申請は、紙の書類提出の手間を省き、迅速に処理を進めることができます。この記事では、ふるさと納税のオンライン申請が可能な3つの主要サイト、「ふるなび」「さとふる」「楽天ふるさと納税」の申請方法を解説します。

ふるなび:スマホで簡単オンライン申請

2022年から、ふるなびでは「e-NINSHO」「IAM<アイアム>」「自治体マイページ」の3つのサービスを使用して、オンラインでワンストップ特例申請が可能になりました。これにより、スマートフォンとマイナンバーカードだけで、面倒な書類の準備や郵送が不要になり、申請が格段に簡単になります。ただし、利用できるのは対応している自治体のみなので、事前に確認が必要です。

オンライン申請の流れ:

  1. ふるなび会員登録後、ログインして寄附を行います。
  2. 寄附後、マイページから「e-NINSHO」でオンライン申請を選択。
  3. マイナンバーカードとスマートフォンで認証し、必要事項を入力。

ふるなびワンストップ特例制度オンライン申請を確認する

さとふる:アプリで完結する申請プロセス

さとふるでは、寄付から申請までをアプリ一つで完結できるサービスを提供しています。これにより、マイナンバーカードとスマートフォンがあれば、どこからでも手軽に申請手続きを行うことが可能です。申請書の送付も不要で、寄付の管理もアプリ内で簡単に行えます。

オンライン申請の流れ:

  1. さとふるアプリで寄付を行います。
  2. アプリ内の指示に従って、マイナンバーカードを用いた認証を行います。
  3. 必要事項を入力して申請完了。

さとふるワンストップ特例制度オンライン申請を確認する

楽天ふるさと納税:公的個人認証アプリでオンライン申請

楽天ふるさと納税も、2022年分の寄付からオンラインでワンストップ特例申請が可能になりました。公的個人認証アプリ「IAM<アイアム>」とマイナンバーカードを使用して申請を行うシステムで、寄付ごとに簡単に申請できます。対応している自治体は続々と増えているため、利用を検討してみる価値ありです。

オンライン申請の流れ:

  1. 楽天ふるさと納税で寄付を行います。
  2. 「IAM<アイアム>」アプリをダウンロードし、マイナンバーカードで認証。
  3. 必要事項を入力し、申請を完了させます。

楽天ふるさと納税ワンストップ特例制度オンライン申請を確認する

ふるさと納税のオンライン申請は、ふるなび、さとふる、楽天ふるさと納税の各サイトで利用可能です。マイナンバーカードとスマートフォンがあれば、どのサービスも簡単に申請が完了します。対応自治体に限りがあるため、申請前には各サイトで詳細を確認しましょう。オンライン申請を活用して、ふるさと納税の手続きをよりスムーズに行いましょう。

郵送での申請方法:書類の正しい送り方

オンライン申請が難しい場合は、郵送での申請も可能です。申請書と必要書類を準備し、寄付先の自治体が指定する住所に送付します。書類はレターパックや簡易書留など、追跡可能な郵便サービスを利用することで、送付中のトラブルを防ぐことができます。郵送の場合も、締切日までに自治体に届くように注意して手続きを行いましょう。

5自治体ルールを理解して賢く寄付する方法

ふるさと納税のワンストップ特例制度完全ガイド:5自治体ルールを理解して賢く寄付する方法

ふるさと納税は、日本の地方自治体への寄付を通じて、その地域の発展を支援する制度です。寄付者は、自分が支援したい自治体を選んで寄付を行い、そのお礼として地域特産の返礼品を受け取ることができます。さらに、寄付金に対しては税制上の優遇措置が受けられます。

中でも「ワンストップ特例制度」は、ふるさと納税をより身近で簡単に行えるように設けられた制度です。この制度を利用することで、多くの寄付者が確定申告を行わずに済むようになりました。しかし、この便利な制度には「5自治体まで」というルールがあります。では、もし5自治体を超えてしまった場合はどうなるのでしょうか?本記事では、ふるさと納税のワンストップ特例制度における5自治体ルールについて詳しく解説し、5自治体を超えた場合の対処法についてもご紹介します。

マイナビふるさと納税

5自治体超の寄付をした場合の手続き

もし1年間に5自治体を超える寄付を行ってしまった場合、ワンストップ特例制度を利用することはできません。その場合、寄付者は確定申告を行う必要があります。確定申告を通じて、全ての寄付に対する税額控除を申請することになります。

確定申告が必要になるケース

5自治体を超えて寄付を行った場合は、その年の翌年に確定申告を行い、寄付による税額控除を申請する必要があります。確定申告では、寄付した自治体全ての受領証と、ワンストップ特例申請書ではなく、確定申告用の書類を用いて手続きを行います。

事前の計画の重要性

ふるさと納税を行う際は、事前に寄付計画を立てることが重要です。特にワンストップ特例制度を利用したい場合は、1年間に寄付する自治体の数を5つまでに抑えるように計画を立てる必要があります。計画的に寄付を行うことで、確定申告の手間を省きつつ、制度のメリットを最大限に活用することができます。

ANAのふるさと納税 マイルが貯まる

ワンストップ特例制度は5箇所までか

はい、ワンストップ特例制度を利用する場合、1年間に寄付できる自治体の数は最大で5箇所までです。これは制度の運用を簡素化し、行政の負担を軽減するための措置です。

6自治体以上寄付した場合の影響

6自治体以上に寄付した場合、ワンストップ特例制度の利用ができません。そのため、寄付者は確定申告を行い、そこで初めて全ての寄付に対する税額控除を受けることができます。

ワンストップ申請後の寄付追加について

ワンストップ特例申請後にさらに別の自治体へ寄付を行う場合、その寄付が5自治体目以内であれば特例制度の範囲内です。しかし、5自治体を超える寄付を行った場合は、確定申告を通じて税額控除を申請する必要があります。

ワンストップ特例制度に関するよくある質問

Q: マイナンバーカードは必須でしょうか?

A: マイナンバーカードは、ワンストップ特例制度を申請する際に必須ではありませんが、マイナンバーカードを持っていると、オンラインでの手続きがスムーズに進められます。マイナンバーカードがない場合は、通知カードと身分証明書(運転免許証など)のコピーを併せて提出することになります。

Q: 申請の締切はいつですか?

A: ワンストップ特例制度の申請締切は、寄付を行った翌年の1月10日です。ただし、自治体によってはこれよりも前に締切を設けている場合があるので、寄付先の自治体の指示に従ってください。また、年末年始の郵便事情を考慮し、余裕を持って申請書を送付することをお勧めします。

Q: うっかり申請を忘れた場合はどうなりますか?

A: ワンストップ特例制度の申請を忘れてしまった場合、その年の確定申告で手続きを行う必要があります。これにより、ふるさと納税による寄付金控除を受けることができますが、確定申告を行う必要があるため、手間が増えてしまいます。申請を忘れないよう、リマインダーを設定するなどの対策を取りましょう。

これでワンストップ特例制度に関するよくある質問の解説を終えます。次は、ふるさと納税を最大限に活用するためのチェックリストを紹介します。

Q:ワンストップ特例制度は5箇所までか

A: はい、ワンストップ特例制度を利用する場合、1年間に寄付できる自治体の数は最大で5箇所までです。これは制度の運用を簡素化し、行政の負担を軽減するための措置です。

Q:6自治体以上寄付した場合の影響

A: 6自治体以上に寄付した場合、ワンストップ特例制度の利用ができません。そのため、寄付者は確定申告を行い、そこで初めて全ての寄付に対する税額控除を受けることができます。

Q:ワンストップ申請後の寄付追加について

A: ワンストップ特例申請後にさらに別の自治体へ寄付を行う場合、その寄付が5自治体目以内であれば特例制度の範囲内です。しかし、5自治体を超える寄付を行った場合は、確定申告を通じて税額控除を申請する必要があります。

ふるさと納税で得するための最終チェックリスト

ふるさと納税をする際、最大限のメリットを享受するためにはいくつかのポイントがあります。これらをチェックリスト形式でご紹介しますので、ふるさと納税の前や申請時に参考にしてください。

返礼品の選び方:人気の返礼品ランキング

返礼品を選ぶ際は、単に価値が高いものを選ぶのではなく、自分や家族が実際に使えるもの、楽しめるものを選ぶことが大切です。人気の返礼品ランキングを参考にしながらも、地域の特産品や珍しいアイテムなど、その地域ならではの返礼品を選ぶのもふるさと納税の醍醐味の一つです。

確定申告とワンストップ特例制度の賢い使い分け

確定申告を行う必要がある方は、ふるさと納税の寄付金控除を確定申告で申請する方が適しています。一方で、所得税の確定申告を行わない方や、手続きを簡素化したい方はワンストップ特例制度を利用すると良いでしょう。自分の状況に応じて、賢く使い分けることが大切です。

申請忘れを防ぐためのリマインダー設定方法

ふるさと納税の申請忘れを防ぐためには、スマートフォンのカレンダーアプリやリマインダーアプリに申請期限の数日前にアラームを設定することが効果的です。また、ふるさと納税ポータルサイトなどではメールでのリマインダー機能を提供している場合もあるので、活用しましょう。

ふるさと納税は、自分の税金を活用して好きな自治体を支援しつつ、素敵な返礼品を受け取ることができる制度です。このチェックリストを活用し、ふるさと納税をより有効に、そして賢く利用してみてください。

ワンストップ特例制度まとめ

ふるさと納税のワンストップ特例制度は、寄付者にとって便利な制度ですが、利用にあたっては5自治体までというルールの理解と遵守が重要です。もし5自治体を超える寄付を行ってしまった場合は、確定申告を行うことで税額控除を受けることが可能です。事前に計画を立て、制度のメリットを最大限に活用しながら、地域支援を行いましょう。

この記事で、ふるさと納税のワンストップ特例制度に関する基本的な情報から、よくある疑問まで幅広く解説しました。もし更に詳しい情報が必要な場合は、各自治体の公式サイトや、税務署への問い合わせも有効な手段です。ふるさと納税を通じて、あなたが応援したい地域の発展に貢献できることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました